第7回アフリカ開発会議(TICAD7)で、UNDPはアフリカにおける持続可能な開発に向け、経済の多角化と構造改革を推し進め、平和と安全を促進するため、多様なステークホルダーとさまざまな対話を行います。
UNDP駐日代表事務所でTICAD連携専門官を務める近藤千華に、アフリカの開発現場での業務や、TICAD7のキーポイント、共催機関であるUNDPの役割などについてお話を聞きました。
2019年8月28日(水)10時30分より「ユニバーサルヘルスカバレージ(UHC)」をテーマにTICADサイドイベントを開催します。
国連開発計画(UNDP)とシティ・ファウンデーションは、SDGs(持続可能な開発目標)達成のためアジア太平洋地域20カ国で行ってきた、若者によるソーシャルイノベーションと起業を支援するプログラム、「Youth Co:Lab」を日本でも立ち上げました。
TICAD公式サイドイベントとして、神奈川県と共催で、SDGs達成に向けたパートナーシップやイノベーションの重要性に関するフォーラムを開催します。
2019年のグローバル「多次元貧困指数(MPI)」は、単なる金銭的指標を越え、人々が日常的にどのような形で貧困を経験しているかを見ることにより、全世界の貧困の姿を詳しく描き出しています。
SDGs達成に向けて、あなたの貴重な意見を必要としています。是非アンケート調査にご協力ください。

UNDPと日本のパートナーシップについて

もっと詳しく知る

もっと詳しく知る

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル