• ヨルダン川西岸、ガザ両地区に暮らすパレスチナ人の 30%以上は若者です。孤立状態にあるガザ地区では、住民全体に悪影響が及んでいますが、特に若者は極めて困難な現実に直面しています。

  • 自然災害、人間による紛争は、コミュニティのインフラや家屋をしばしば破壊し、深刻な被害をもたらし、膨大な瓦礫を生むと共に、多くの人に移住を余儀なくさせます。瓦礫は、被害を受けた人々にとって安全上、健康上において深刻な脅威となり得るほか、彼らが人道支援や公的サービスにアクセスすることを妨げる要因ともなります。2014年に国連開発計画(UNDP)シリア事務所は14の行政区域において、国内避難民(IDPs)を含む230万人以上の生活状況を改善するため、支援を拡大しました。

  • 武力闘争や大規模な自然災害の際、それに対処し迅速な復興をするための政府機構の能力が低下する事態がよく起きます。政府構造、援助管理、調整、サービス提供が脆弱または不適切であること、あるいは市民サービスの復興およびそのための必要経費の支払いが機能しないことにより、人道的活動、救援、復興は後退してしまいます。

  • 国連システムにおいて、国連開発計画(UNDP)は、早期復興に向けて世界での主導的な組織として任務を担っており、各国政府から頻繁に、災害後の復興支援を要請されています。

  • 自然災害および人間による紛争は、危機による被害を受けた世帯に対し、多額の借金、購買力の低下、物理的および経済的資産の損失、そして時には死や負傷をもたらします。危機に直面すると脆弱な世帯は、対応策が不十分であるが故に、貧困、食糧難、基本的な社会サービスへのアクセスの損失といったリスクが高まる傾向にあります。このことが、復興を遅らせ、救援物資への依存を長期化させてしまうのです。

  • 早期復興アプローチを通して、国連開発計画(UNDP)は、緊急を要する人道面での対応と長期的復興とを結びつける重要な橋渡し役となります。UNDPは、危機から復興し、強靭性を構築する過程におけるコミュニティとの協働に真摯に取り組みます。UNDPは、危機発生以前、渦中、以後のそれぞれの局面で現場に常駐し、分野横断的な役割を担う数少ない機関の一つです。

  • 国連開発計画(UNDP)は、アジア太平洋地域の域内および各国レベルで、様々な市民社会組織(Civil Society Organization: CSO)との協働により、人々の貧困からの脱却、強靭なコミュニティの構築、そして人権の促進を支援し、ひいてはミレニアム開発目標(MDGs)の達成に寄与することを目指しています。

  • 国連開発計画(UNDP)は、アジア太平洋地域の域内および各国レベルで、様々な市民社会組織(Civil Society Organization: CSO)との協働により、人々の貧困からの脱却、強靭なコミュニティの構築、そして人権の促進を支援し、ひいてはミレニアム開発目標(MDGs)の達成に寄与することを目指しています。

  • 国連開発計画(UNDP)は、アジア太平洋地域の域内および各国レベルで、様々な市民社会組織(Civil Society Organization: CSO)との協働により、人々の貧困からの脱却、強靭なコミュニティの構築、そして人権の促進を支援し、ひいてはミレニアム開発目標(MDGs)の達成に寄与することを目指しています。

  • 国連開発計画(UNDP)は、アジア太平洋地域の域内および各国レベルで、様々な市民社会組織(Civil Society Organization: CSO)との協働により、人々の貧困からの脱却、強靭なコミュニティの構築、そして人権の促進を支援し、ひいてはミレニアム開発目標(MDGs)の達成に寄与することを目指しています。

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル