• 国連エボラ対応マルチパートナー信託基金

    国連開発計画(UNDP)は、アジア太平洋地域の域内および各国レベルで、様々な市民社会組織(Civil Society Organization: CSO)との協働により、人々の貧困からの脱却、強靭なコミュニティの構築、そして人権の促進を支援し、ひいてはミレニアム開発目標(MDGs)の達成に寄与することを目指しています。

  • アジア太平洋地域における 市民社会と市民参画

    国連開発計画(UNDP)は、アジア太平洋地域の域内および各国レベルで、様々な市民社会組織(Civil Society Organization: CSO)との協働により、人々の貧困からの脱却、強靭なコミュニティの構築、そして人権の促進を支援し、ひいてはミレニアム開発目標(MDGs)の達成に寄与することを目指しています。

  • 国連開発計画(UNDP)と新規医療技術のアクセスと提供に関するパートナーシップ

    「新規医療技術のアクセスと提供に関するパートナーシップ」は、国連開発計画(UNDP)が世界保健機関(WHO)およびPATHと協力して実施しているプロジェクトです。

  • 国連開発計画(UNDP)とジェンダー平等

    ジェンダー平等と女性のエンパワーメントの推進は、国連開発計画(UNDP)の使命であり、持続可能な人間開発を目指す中心的な活動です。ジェンダー平等は、人権の中核をなし、ミレニアム開発目標(MDGs)達成と持続可能な人間開発の実現にも不可欠です。女性は、自らの生活を形作る開発プロセスのリーダーであり、変革の主体です。ジェンダー平等と女性のエンパワーメントを推進することで、より包摂的、持続的可能で強靭な世界を実現できるとUNDPは考えます。

  • UNDPとユニバーサル・ヘルス・カバレッジ

    ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(Universal Health Coverage: UHC)とは、世界中のすべての人々が、必要な保健医療サービスを、負担可能な費用で受けられることです。これには、健康増進、疾病予防、治療や回復に必要な保健医療サービスが含まれます。UHC の実現には、法律、政策、ガバナンス等への取組みも求められます。

  • Fast Facts: 危機後の状況でのガバナンス

    紛争、暴力、または度重なる犯罪の影響を受けている人々は推定で15 億人にのぼり、その大半は世界の後発開発途上国で暮らしています。

  • Fast Facts: 危機にある国での暮らしと経済復興

    途上国では、災害および紛争によって、かねてから不安定だった人々の暮らしが決定的に損なわれ、貧困が悪化し、長期的な成長が停滞もしくは逆行することがあります。

  • Fast Facts: アフリカの気候変動とUNDP

    アフリカ大陸は気候変動によって最も大きな打撃を受けます。なぜなら、アフリカ大陸は他の地域よりも深刻な気候変動の影響を受けており、その経済は農業などの気候依存的部門に頼っており、さらに多くの場合、その対処・適応能力は限られているからです。世界銀行の推定によると、2099年までにアフリカの平均年間気温はさらに3~4度上昇することが予想されます。

  • Fast Facts: UNDPとアフリカのミレニアム開発目標

    アフリカにおけるミレニアム開発目標(MDGs)の進捗状況は一様ではありません。MDGsとは、2015年までに貧困、飢餓、妊産婦と子どもの死亡率、疾病、不十分な住居環境、ジェンダーの不平等、および環境悪化等の改善を目指す、国際的に合意された8つの目標です。初等教育、ジェンダーの平等、HIV/エイズとの闘いなど、いくつかの目標やターゲットについては進展が見られるものの、その他のターゲットに関しては2015年までの達成は難しい状況です。

  • Fast Facts: アフリカの危機予防と復興のためのUNDPの活動

    サハラ以南アフリカは、紛争解決と平和構築に向けて大きな進展を遂げています。この進展を先導しているのは、かつて内戦下にありながらも現在は長期的な開発への道のりを歩んでいるリベリア、シエラレオネ、ブルンジといった国々です。 しかしこの地域には依然として脆弱な国家や破綻国家が隣接しており、武力紛争、政治不安、国家崩壊に陥りがちです。

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル