• Fast Facts: アフリカの環境とエネルギーとUNDP

    人間の安全保障と環境管理は表裏一体です。アフリカに暮らす人々、とりわけ貧しい人々は、エネルギーや食糧、住まいといった生活必需品を、地域の環境、生物多様性、生態系に頼っています。アフリカ大陸は気候変動によって最も大きな打撃を受けます。なぜなら、アフリカ大陸は他の地域よりも深刻な気候変動の影響を受けており、その経済は農業などの気候依存的部門に頼っており、さらに多くの場合、その適応能力は限られているからです。

  • Fast Facts: UNDPとアフリカのガバナンス

    過去20年間にわたり、アフリカではガバナンス確立の機会が大きく生まれました。これは国や地域の取組みによって民主主義が一般的慣行となったことによるものです。ガバナンス強化により、公共の問題に国民が関与する機会が生まれ、政府がよりきちんと説明責任を果たすようになり、マクロ経済の政策決定が改善されました。その結果、世界的な金融危機が起きるまでにはかつてないほどの経済成長を遂げました。

  • Fast Facts: 市民社会とUNDP

    世界の国々で社会経済的・政治的な環境が変化しており、市民参画により大きな重点を置くことや、開発効果やガバナンスに関する説明責任を果たすことが求められています。

  • Fast Facts: アフリカにおけるUNDPの活動

    サハラ以南アフリカは過去10年間にわたり、目覚ましい成長率とガバナンスの改善、基本的な社会サービスへの的を絞った投資によって、2015年までに極度の貧困を半減することを目指すなど国際的に合意された、ミレニアム開発目標(MDGs)のいくつかについて著しい進捗をしました。 しかしこれらの取組みは今後も、不安定な経済情勢、政変と内部紛争、人口増加、若者の雇用、気候変動、食料不安などの困難に直面することになるでしょう。

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル