国連エボラ対応マルチパートナー信託基金

2014年 11月 1日
image

潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は、国連主体の関係するすべての取り組みを統合し、エボラ出血熱の蔓延阻止に向けて地球規模で取り組むプラットフォーム「国連システム・エボラ蔓延対応」を発足させました。この組織は、1) エボラ出血熱の蔓延阻止、2) 感染者治療、3) 不可欠なサービス確保、4) 安定を維持、5) 現時点で影響が出ていない国々での蔓延予防、の5つの戦略的な目標を掲げています。

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル