UNDPのエボラへの対応:ギニア

2014年 12月 15日
image

ギニアでは、エボラ出血熱(EVD)の感染者と死者が増大を続ける中で、国連エボラ緊急対応ミッション(UNMEER)や、UNDP を含む国連機関の支援を受け、国内の公共医療制度を通じて迅速な救命措置を実施するための国家対応計画を立ち上げました。エボラの蔓延によって、生産部門が麻痺したため、ギニアのマクロ経済成長は壊滅的な打撃を受けました。特に、ココアやパーム油などの主要輸出品の生産は、激減しています。鉱業をはじめとする民間セクターの事業は、外国企業が採掘拠点を閉鎖したことで、低迷しています。生活必需品の価格が上昇し、家庭生活に影響が及ぶ中で、家計所得はわずか 6 か月で 13%近く減少しました。

 

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル