危機対応

2015年 2月 9日
image


災害と暴力紛争は、開発に対する大きな障害です。これらは開発の成果を損なわせ、コミュニティを将来のリスクや衝撃に対して脆弱なものにします。これらの危機に働きかけるため、人道および開発に携わる関係者は強靭性の構築を、危機対応と復興のあらゆる側面に取り入れなければなりません。早期復興アプローチを通して、国連開発計画(UNDP)は、緊急を要する人道面での対応と長期的復興とを結びつける重要な橋渡し役となります。UNDPは、危機から復興し、強靭性を構築する過程におけるコミュニティとの協働に真摯に取り組みます。UNDPは、危機発生以前、渦中、以後のそれぞれの局面で現場に常駐し、分野横断的な役割を担う数少ない機関の一つです。それ故、UNDPは、危機発生時に迅速な行動をとることができます。

 

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル