コミュニティのインフラと 瓦礫/ゴミ処理を通じた緊急時 の生計支援

2016年 2月 9日
image

自然災害、人間による紛争は、コミュニティのインフラや家屋をしばしば破壊し、深刻な被害をもたらし、膨大な瓦礫を生むと共に、多くの人に移住を余儀なくさせます。瓦礫は、被害を受けた人々にとって安全上、健康上において深刻な脅威となり得るほか、彼らが人道支援や公的サービスにアクセスすることを妨げる要因ともなります。同様に、非常に大量の瓦礫とゴミ問題、インフラ破壊に直面している地元政府にとっても深刻な影響を及ぼし、緊急事態の管理、危機復興のために迅速な行動を取る能力を脅かすものにもなります。2014年に国連開発計画(UNDP)シリア事務所は14の行政区域において、国内避難民(IDPs)を含む230万人以上の生活状況を改善するため、支援を拡大しました。82以上の区域、149以上の集合避難所にて、瓦礫とゴミの撤去、インフラ復旧によって180万人以上がより良い健康状態と環境を享受しました。

 

 

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル