国家の復興計画および調整支援

2016年 2月 9日
image


災害は、定期的に大規模な被害と国家に対する経済的・社会的な損失をもたらし、開発目標を達成するための進捗を妨げます。また災害は公共インフラを破壊し、基礎的なサービスを停止させ、多くの命と生計の損失を引き起こします。災害後、破壊されたインフラを復旧し、生計とサービスへのアクセスを回復するために、政府は、多大な資源を復興プロセスに投資します。しかし、不完全な形での復興プロセスは、逆に人々の脆弱性を高め、時間と共に慢性的な危機状況をつくり出します。当初より、災害復興の計画や、根底にある社会、環境問題への対処しない限り、リスクは積み重なり、次の災害時にかかる経済的・社会的費用はさらに増大してしまうのです。復興プログラムは、手に入る資源及び能力を最大限に活用して、よく考えられることが重要です。国連システムにおいて、国連開発計画(UNDP)は、早期復興に向けて世界での主導的な組織として任務を担っており、各国政府から頻繁に、災害後の復興支援を要請されています。

 

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル