人間開発報告書

人間開発報告書(Human Development Report:HDR)は1990年に初めて発刊され、その中で開発援助の目的を、1人でも多くの人々が人間の尊厳にふさわしい生活ができるように手助けすることであると位置付けました。その上で国の開発の度合いを測定する尺度として、1人当たりのGDP、平均寿命、就学率を基本要素として、これらを独自の数式に基づき「人間開発指数」として指数化したことに始まります。以来、人間開発報告書は毎年異なるテーマの下に人間開発のあり方を問題提起し、国際社会の議論をリードしてきました。1992年にリオデジャネイロで開催された国連環境会議をはじめ、1994年のカイロでの国際人口開発会議および1995年のコペンハーゲンでの社会開発サミット等を通じて、人間開発という概念は国際的にも幅広く受け入れられ、今や定着した概念となりつつあります。2010年には人間開発報告書発刊から20年を迎え、新たな3つの指数「不平等調整済み人間開発指数」「ジェンダー不平等指数」「多次元貧因指数」を導入しました。

人間開発報告書は、国連開発計画(UNDP)の委託を受けて、世界的に著名な経済学者や開発の専門家およびUNDP内の人間開発報告書室(HDRO)のメンバーからなるチームにより執筆されており、UNDPの公式見解からは独立性を保っています。

人間開発報告書(英語版)はこちらからご覧いただけます。

 

人間開発報告書の概要と報道資料(2015~2001)

人間開発報告書の概要と報道資料(1990 ~ 1999) は こちら