国連開発計画(UNDP)戦略計画2014-2017 要旨

 


国連開発計画(UNDP)戦略計画2014-2017』は、UNDPの今後4年間の戦略的立場、ビジョンと成果目標、組織改革の方向性等を定めた文書です。国連システムの開発活動に関する『4か年包括政策レビュー(QCPR)』(A/RES/67/226)および国連持続可能な開発会議(リオ+20)成果文書『我々の求める未来』を踏まえて策定され、2013年9月のUNDP執行理事会で承認されました。 




ビジョン(活動目標):
  
   貧困の撲滅、不平等と排除の大幅な是正を同時に達成

3つの重点活動分野:

  1. 持続可能な開発プロセス(sustainable development pathways)
  2. 包摂的で効果的な民主的ガバナンス(inclusive and effective democratic governance)
  3. 強靭な社会の構築(resilience-building)

7つの成果目標:

  1. 貧困層や排除されている人々に雇用と生計をもたらす生産力の拡大をはかりつつ、包摂的かつ持続可能な成長と開発を実現する
    Growth and development are inclusive and sustainable, incorporating productive capacities that create employment and livelihoods for the poor and excluded

  2. より強固な民主的ガバナンス制度により、発言機会、開発、法の支配、説明責任を求める人々の期待に応える
    Citizen expectations for voice, development, the rule of law and accountability are met by stronger systems of democratic governance

  3. 各国が基礎的社会サービス普及の着実な実現に向け、組織や制度を強化する
    Countries have strengthened institutions to progressively deliver universal access to basic services

  4. ジェンダー不平等の是正と女性のエンパワーメントの促進において早急な進展を実現させる
    Faster progress is achieved in reducing gender inequality and promoting women’s empowerment

  5. 各国が紛争の可能性を低減し、気候変動等による自然災害のリスクを軽減できるようになる
    Countries are able to reduce the likelihood of conflict, and lower the risk of natural disasters, including from climate change

  6. 紛争・災害後、早期復旧・復興と持続可能な開発プロセスへの速やかな回帰を実現する
    Early recovery and rapid return to sustainable development pathways are achieved in post-conflict and post-disaster settings

  7. 開発に関するあらゆるレベルの議論と行動において、UNDPの理念・方針に基づき、貧困、不平等と排除への取組みを優先させる
    Development debates and actions at all levels prioritize poverty, inequality and exclusion, consistent with our engagement principles 

UNDPの開発活動の原則:
成果目標への取組みにあたっては、以下の開発活動の原則に配慮する。

 1) プログラム実施国のオーナーシップと能力の尊重
 2) 国連で定められた経済・社会・市民・文化的諸権利の尊重
 3) 持続可能な開発の実践
 4) ジェンダー平等と女性のエンパワーメントの重視
 5) 当事者の参加と発言機会の確保
 6) 南南協力および三角協力の推進
 7) 各国政府のグローバル市民としての役割の補助
 8) 普遍性の堅持

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル