災害リスク軽減

十分な開発を怠ることで、嵐や地震などの自然災害の実質的な影響に対して脆弱性を高め、人々とコミュニティをリスクに晒します。 リスクを想定した強靭な開発を進めることで、何十年にも渡る重労働と高いコストをかけた開発の成果が守られ、生命と生活が救われます。 UNDPは、災害リスク軽減が健全な統治のなかで優先付けられ、能力・技術・資源が正しく配備され、災害予防とその影響を最少化するための準備が進められるよう、国家および地方政府と恊働して、さまざまな分野・レベルの人々を対象に能力強化をしています。 水文気象学的災害と地理的災害の両方に対応するため、UNDPのチームは、早期警報システムの確立、避難ルートの設計、インフラの強化、リスクを想定した開発などを実践する政策と機関の能力向上を支援しています。

2005年以降、UNDPは、 年平均2億ドルを60か国に投資し、兵庫行動枠組の目標達成を目指す何十もの国を支援してきました。グローバルレベルでは、UNDPは現在、災害リスク軽減を目指す持続可能な開発目標(SDGs)においても国際的な取り組みを支援しています。 more

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル