気候変動

干ばつの増加や異常な嵐といった気候変動の影響は、何十年にも及ぶ開発の前進をむしばみ、貧困削減に向けた努力にリスクをもたらします。グローバル、国家そして地域レベルという広範囲におよぶ取り組みを通じて、国連開発計画(UNDP)は、気候変動への対応は、貧困削減と開発を持続させる取組みの中心に据えられるべきであることを学びました。

UNDPは、気候変動の課題に取り組む国々を支援しており、国連システムのなかでも、気候変動適応と緩和を担う最も大きな支援機関であり続けます。 UNDPは、温室効果ガス排出を抑え、気候変動に強靭な持続可能な開発に向けて移行する国々を支援しており、気候変動の影響への強靱性を高め、よりクリーンで環境にやさしい未来を築く低炭素開発の取組みを支援しています。 気候変動枠組条約などの国際的な対話におけるUNDPのパートナーも、気候変動に関するさまざまなメカニズムの技術支援を現地で実施しています。この点において、UNDPは、気候変動イニシアティブを導入するために、これまで140を越える国々を支援してきました。

狭い泥道で自転車を押して歩く少年。バングラデシュは、海水レベルの上昇と頻繁で強烈な異常気象に最も脆弱な国の一つです。Photo:GMB Akash/UNDP Bangladesh

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル