地域・地方政府との連携


国連開発計画(UNDP)は、新たなリソースを動員する目的で、ヨーロッパの地域および地方政府と分散型の連携を進めています。この取り組みは、国連とともに、もしくは国連を通して推進しています。国際的なレベルだけではなく、国内、地方レベルで、地方のガバナンスと開発に向けた体制の整備を促進し、国連改革を推進する連携を調整することがその目的です。

この連携のもと、UNDPは協力体制の確立に関心を持つ地域と地方政府に対し、下記のような支援を提供しています。

持続可能な人間開発に向けた地域開発ガバナンスのための自治体間ネットワーク(ART GOLD)、地方経済開発期間(LEDA)、貧困撲滅世界都市同盟(WACAP)の各プログラムを推進すること。

地域・地方政府の要請に応じ、関心の高いプログラムを紹介し、国際連携を推進するためのイベントを開催すること。

政府の要請に応じ、国内の全地方政府を対象に、プログラムの紹介と参加の促進を行う国内イベントを開催すること。

地域の振興を図り、汎用性の高いマーケティング文書を作成すること。

国連改革の枠内で、UNDP各部局(開発政策局、復興・危機後再建担当局、地域局)やその他の国連機関・計画(FAO、ILO、UNAIDS、UNCDF、UNCTAD、UNESCO、UN-HABITAT、UNHCR、UNOPS、UNIFEM、UNITAR)との調整役を務めること。

連携の仕組み

地域・地方政府は、HIPが運営するいくつかのプログラムで、UNDPと連携可能です。ART GOLDプログラム
ART GOLDの一環としてのLEDAプログラムと、UNDP資金・戦略的パートナーシップ局(BRSP)民間セクター課による「持続可能なビジネス育成プログラム」

WACAPプログラム

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル