危機管理

災害や武力紛争は、国やコミュニティが開発目標を達成する上での大きな障害です。災害や武力紛争はそれまでの開発成果を損失させ、将来のリスクと衝撃に対するコミュニティの強靭性を低下させます。これらの危機状況下において、国連開発計画(UNDP)はコミュニティの強靭性や予期しない壊滅的被害から迅速に復旧できるように能力強化に取り組むと同時に、早期復興を支援しています。

コミュニティのリスク管理能力を高めるには、人道と開発分野で活動するアクターが連携し、強靭性構築と復興を危機管理対策に統合する必要があります。UNDPは危機発生直後に即座に現場に赴き、長期的な復興計画に人道支援を組み込むなどの取り組みを通して、この分野で大きく貢献しています。

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル