アフリカ開発会議(TICAD)とは?

TICADとは、Tokyo International Conference on African Development (アフリカ開発会議)の略称です。アフリカと国際社会の広範な関係者がアフリカ開発の現状と課題を話し合い、開発の重点分野に対する合意を形成するためのプロセスで、日本政府、UNDP、世界銀行、国連アフリカ特別顧問室、アフリカ連合委員会が共催しています。TICADは1993年に初めて開催され、5年に一度開催される首脳会合に加え、閣僚会合やモニタリングプロセス等を通じてアフリカ開発を支援する国際的なフォーラムとして発展してきました。関係者に広く開かれたTICADへの参加者は、第1回の1000名から回を追うごとに増え、第6回首脳会合(TICAD VI)では1万1千名を数えるに至りました。また、アフリカ側の強い要望で2016年以降は首脳会議が3年に一度、アフリカと日本で交互に開催されることになり、TICAD VIは2016年8月27-28日にケニアのナイロビで開催されました。

アフリカにおけるUNDP の活動

アフリカは2000年以来着実な経済成長を示しており、多くの経済指標に改善がみられます。しかし、経済成長に伴って生じる新たな格差の解消や、経済成長を経済社会の持続的な発展へつなげることが重要な課題となっています。様々な格差を解消するためには、女性の権利や地位の向上や若者の雇用促進なども重要です。さらに、アフリカは気候変動、紛争、感染症、一次産品の価格下落などの内外の変動要因に依然脆弱です。UNDPはアフリカ各国政府、地域経済共同体、国際機関、民間セクター、市民社会など幅広いパートナーと共にこれらの課題に対処し、貧困・格差や暴力をなくすための持続可能な開発に取り組んでいます。

UNDPとTICAD、そして日本政府と のかかわり

UNDPはTICADの共催者として、TICADサミットや閣僚会合の総合運営に尽力するとともに、様々な取り組みのモニタリングやアフリカ開発に関する広報活動、現場における広範なステークホルダーとの協力などを促進しています。また、TICADプロセスに多様な関係者の声を反映させるため、市民社会や企業関係者等との連携も強化しています。さらに、TICADの議論をグローバルな開発議論に反映するべく、積極的に活動しています。

これらの活動を戦略的に展開し、TICADプロセスのさらなる進化を図るため、UNDP と外務省、JICAは、定期的に戦略対話を行っており、現場での連携強化に加え、政策面でもアフリカ開発に関するシンポジウムやセミナーを共催しています。

TICAD VIIに向けて

第7回アフリカ開発会議(TICAD VII)は2019年に日本で開催される予定です。UNDPはTICAD VIIの共催機関としてこれまで以上に日本内外の関係者との協力を強化し、TICAD VIIの成功を期して邁進します。

TICAD VIの概要

TICADニュース

本セミナーでは、既にアフリカでビジネスをされている企業の声を交えながら、アフリカ市場の可能性と魅力を探り、JETRO、JICA、国連開発計画(UNDP)の連携によるアフリカビジネス支援策をご紹介します。

アフリカの社会課題を革新的な技術とアイディアで解決しつつ、持続的なビジネス展開を実施している、もしくは実施を計画しているテック・スタートアップ企業を募集

ウガンダでは周辺国からの多くの難民を受け入れています。UNDPは日本政府の資金拠出を得て、2018年4月から2019年3月までの1年間、南スーダン難民と地元住民に対する生計向上支援とウガンダの政府に対する能力強化支援を行いました。

エチオピア・アディスアベバにて「ブルー・エコノミーにおける起業、雇用機会と技術イノベーション」に関するワークショップを開催しました。

2019年3月29日(金)に開催した第9回「AFRI CONVERSE」では、アフリカの母子保健の現状と展望について協議しました。

2019年8月に横浜で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に向けて3月9日(土)にシンポジウムを開催しました。

2019年2月22日(金)に開催した第8回「AFRI CONVERSE」では、アフリカにおける農業・食料安全保障の課題と展望について協議しました。

2019年1月25日(金)に開催した第7回「AFRI CONVERSE」では、アフリカにおける人材育成の現状と展望について協議しました。

2018年11月30日(金)に開催した第6回「AFRI…

第5回AFRI CONVERSE目では、アフリカにおけるSTI(科学技術イノベーション)の現状と展望について約100名の参加者と協議しました。

第4回AFRI CONVERSEは「草の根の声」をテーマに9月28日に開催しました。

アフナ・エザコンワUNDP総裁補兼アフリカ局長によるTICAD閣僚会合サイドイベント開会あいさつ

2018年アフリカ開発会議(TICAD)閣僚会合は10月5日(金曜日)、外務省と日本貿易振興機構(JETRO)、国連開発計画(UNDP)の共催によるハイレベルのテーマ別サイドイベントで、非公式にその幕を開けました。

「AFRI CONVERSE」の第3回目ではアフリカの中長期展望について語り尽くしました。

7月27日に開催した第2回AFRI CONVERSEと8月2日に開催したAFRI CONVERSE特別編の開催レポートです。

アフリカ経済の現状と見通しを説明し、アフリカビジネス機会への関与を支援するワークショップをさる8月3日、ヨコハマ創造都市センターにて開催しました

今年8月に横浜にて開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に向けた月例アフリカ対話イベント「AFRI CONVERSE」の第11回を「アフリカにおける平和構築」をテーマに開催します。

今年8月に横浜にて開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に向けた月例アフリカ対話イベント「AFRI CONVERSE」の第10回を4月26日(金)に開催します。

今年8月に横浜にて開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に向けた月例アフリカ対話イベント「AFRI CONVERSE」の第9回を3月29日(金)に開催します。

第8回AFRI CONVERSEでは、アフリカにおける農業や食糧安全保障の課題や展望について議論します。

第7弾AFRI CONVERSEはアフリカの人材育成に対する展望を語り尽くします。

第6回AFRI CONVERSEでは日本の中小企業と起業家による対アフリカ投資と事業展開に対する展望と課題、今後の方向性を協議します。

ウガンダにある難民居住区で一歩を踏み出す人々。「逆境を機会に変える力強さ」を感じたと語る吉本珠美の現場からのエッセイ。

TICADに向けたエッセイシリーズ第4弾はジンバブエで国連常駐調整官事務所長をつとめる馬渕加奈子さんのインタビュー。国連の仕事は現場で

現地で人と話しながら取り組むのがやりがいと語る国連ボランティアの松本夏季さんによる第3回アフリカの未来をささえる〜UNDPの活動現場から〜エッセイです。

国連ボランティアとして西・中央アフリカ地域オフィス(在ダカール)の広報官を務める大沼照美からの寄稿。

UNDPナイジェリア北東部地域事務所の所長でマイドゥグリに駐在している横井水穂に特別インタビューを実施しました。現地での生活からプロジェクトまでたっぷりの内容です!

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル