国連開発計画(UNDP)は、アフリカ開発会議(TICAD)7の横浜開催に向けて日本国内でTICAD関係者及び関心のある方々の意見交換の場として、6月より月例の対話イベント”AFRI CONVERSE”を開始しました。

第五回目の今回は以下概要にて実施いたします。

TICAD7に向けたアジェンダ設定のための公式・非公式な協議の場において、アフリカの経済成長、社会開発を促進するためにSTI (Science, Technology, Innovation)の開発・適用がこれまで以上に日本・アフリカ双方の関係者から重視されています。SDGsの達成のためにもイノベーティブな解決策を開発課題に適用する必要があることは共通に認識されており、従来の開発関係者だけでなく多様なアクター(研究者や民間企業)が連携して、こうした解決策を提示・展開していくことが必要不可欠です。

今回のAFRI CONVERSEではUNIDOアフリカ部長のヴィクター・ジェンバ氏、JICA国際協力専門員の内藤智之氏、若手起業家の牧浦土雅氏をお招きし、アフリカにおけるSTI推進の展望と課題や他国の取り組みなどについて協議します。

 

詳細

時間:10月26日(金)18:30-20:00  対話セッション (20:00 - 懇親会)
 
場所:国連大学ビル 5階(東京都渋谷区神宮前5-53-70)

言語:英語(通訳なし)

参加費用:無料(但しセッション後の懇親会については実費負担)

参加登録:こちらのサイトよりご登録願います。

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル