UNDPの強み

 


今日、グローバルな新しい市場、製品、そして生産機会を見い出すことは、企業の競争力にとって重要です。同時に、貧困層が購入できる製品やサービスと雇用機会を提供し、彼らの所得を向上させ、現地の経済発展を図ることは、ビジネスの長期的な成功の鍵となっています。そのため、世界中の企業は持続的な開発や貧困削減に対して、より重要な責任を果たし、持続可能な開発に貢献する必要性を認識しつつあるのです。

包括的なビジネスモデルの推進はビジネスの成功と開発の実現を両立しますが、企業だけでは対応できない複雑な課題を生み出す可能性もあります。これらの課題は、他の企業や政府機関、そして市民社会組織などとパートナーを組むことによって対応することが可能になります。そして、国連開発計画(UNDP)と連携することによって、これらの課題に効率的に対応することができるのです。

企業との連携におけるUNDPの強み

  • 包括的な市場の育成(GIM)イニシアティブを通じて、開発において企業が果たせる役割についての最新情報と専門性を蓄積しています。
  • 企業の包括的なビジネスモデルの推進を支援した多くの実績を持っています。
  • 企業のCSR活動を支援した豊富な実績を有しています。
  • 環境を重視したサプライ・チェーンを構築できる専門性を持っています。
  • ビジネス行動要請(BCtA)への参加を希望する企業を支援し、世界から注目を集めるリーディング企業のネットワークを提供します。
  • 紛争地域でも活動を行っており、これらの国々で企業が活動できるよう支援することが可能です。
  • 開発途上国でネットワークを持ち、企業と現地の政府、市民社会組織、民間セクターを仲介することが可能です。
  • 国際的に信用された組織であり、企業が活動経験のない国や課題にも対応することが可能です。
  • 世界中の開発課題に対応してきた豊富な実績を有しています。
  • 多くの国々で活動を実施しており、各国に関する豊富な知識を蓄積しています。

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル