UNDPイスタンブール国際センター

 


「国連開発計画(UNDP)イスタンブール:開発のための民間セクター国際センター」(The UNDP Istanbul International Center for Private Sector in Development、以下「UNDPイスタンブール国際センター」)は、トルコ共和国政府とUNDPの間で交わされたパートナーシップの枠組み合意にもとづき、2011年3月に設立されました。

このセンターは、トルコの会議招致力と充実した民間セクター、そして民間セクターが開発課題に対応するための国際的、および地域レベルでの取り組みを支援するというUNDPの任務に基づいて、実現しました。

センターは、イスタンブールの中心地にあるトルコ政府ビルの3階にあります。ボスポラス海峡とゴールデンホーンを望み、施設内には、130名を収容できる会議場、3つの会議室、オフィス、そして図書館があります。

センター設立の背景
ミレニアム開発目標(MDGs)の達成には、市場と民間セクターが主導して貧困層のための雇用を創出し、彼らが必要とする商品・サービスを提供し、社会経済基盤への投資に必要となる税収を生み出すような、活力ある経済成長が必要不可欠であるとUNDPは認識しています。エネルギー、環境、紛争予防、ジェンダーの平等、民主的な政府の実現などのUNDPの幅広い目標を達成するために、多国籍企業から中小企業、地域市場にサービスを提供する共同組合にいたるまで、民間セクターは重要な役割を果たしています。

多くの開発途上国や移行国において、UNDPは、政策や制度設計、生産・消費のバリューチェーンの構築、商品やサービスの提供、包括的な起業家育成、CSRなどの分野で「包括的な市場の開発」を支援しており、これらがUNDPの民間セクター戦略の柱となっています。

またUNDPは各国において、本部の民間セクター部門と協力しながら、「包括的な市場の開発」(IMD)「包括的な市場の育成」(GIM)「ビジネス行動要請」(BCtA)などのプログラムを実行しています。

センターの活動の目的
このセンターは途上国にある国際的な研究拠点として、また、UNDPの民間セクター部門の国際拠点として、以下のような連携や活動を推進しています。

貧困を削減するために、貧困者を、生産者、労働者、消費者そして起業家として生産・消費のバリューチェーンに組み込み、包括的で競争力のある市場の開発と民間企業による包括的なビジネスモデルの導入を支援する。

保健、農業、教育、住居、水、青少年、ジェンダー、環境などの分野で、ミレニアム開発目標を達成するための国連システムや、気候変動などの国際的な枠組みへの民間セクターの参入を支援する。

三極開発協力と南南協力を促進し、企業ファイナンスへのアクセス、起業家精神の育成、関係者の連携を推進するための能力開発拠点となる。

開発アジェンダを活用しながら、ビジネスを促進し、関係者間の対話を拡大するためパートナーシップを促進する。

研究、政策提言と官民対話、知識や情報の開発と管理、ミレニアム開発目標を達成するための官民パートナーシップ、能力開発とトレーニングのすべてを総合的に提供することを本センターは目的としています。

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル