エジプト:アフリカ紛争解決平和維持訓練カイロ地域センター

 PHOTO: UNDP Egypt


アフリカの平和維持活動を支援すると同時に、アフリカで発生する危機や紛争への対処におけるオーナーシップの向上を望むアフリカ諸国の熱意に応えることを目的として、アフリカ紛争解決平和維持訓練カイロ地域センター(CCCPA)が1994年に設立されました。このCCCPAは平和維持活動に携わる全ての関係者を対象として、最新の情報科学技術を用いた総合的な研修コースを提供しています。

2008年4月に日本政府と国連開発計画(UNDP)による支援を受けて以来、CCCPAはこれまでに16の研修プログラムと4の地域国際セミナーを運営してきました。31に及ぶアフリカ諸国から参加した受講者の内訳は、59%が民間人、29%が警察官、12%が軍人となっています。またジェンダーの主流化というCCCPAの重点課題に沿って、全受講者のうち女性が占める割合を28%まで引き上げることに成功しています。CCCPAは世界各地にある20の組織と合意を結んでおり、世界規模のパートナーシップの構築に成功しています。2009年10月から新設備の導入を進め、現在では多言語同時通訳機、高速無線インターネット、ビデオ会議設備などの最新技術が導入されています。

冊子『日本・UNDPパートナーシップ』(2010年10月)より

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル