アフリカ開発会議(TICAD)

 8月27日に開幕した第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)のオープニングでスピーチをするヘレン・クラークUNDP総裁 Photo: Yukiko Abe/UNDP Tokyo


TICADとは?

TICADとは、Tokyo International Conference on African Development (アフリカ開発会議)の略称です。日本政府の主導のもと、アフリカ諸国の首脳と国際社会の開発パートナーの間の政策対話を促進するためのプロセスで、国連、UNDP、世界銀行等の共催により実施されてきました。1993年のTICAD I以降、5年に1度日本で開催される首脳級会合に加え、閣僚級会合等を通じてアフリカ開発を促進する主要な枠組みとして定着してきました。2016年以降は3年に1度、アフリカと日本で交互に開催されることになり、TICAD VIは8月27-27日にケニアのナイロビで開催されました。

アフリカにおけるUNDP の活動

アフリカは過去10年間安定的な経済成長を示しており、多くの経済指標に改善がみられます。しかし、格差の問題や、この成長を持続的な発展へとつなげていくことが、依然課題となっています。経済的な格差をなくすために、女性のエンパワーメントや若者の雇用は重要な開発課題です。また、アフリカは気候変動、紛争、感染症などに端を発する、内部や外部からの要因に対して依然として脆弱です。これらの課題に効果的に対処し、貧困と暴力と飢餓をなくすため、UNDPはアフリカで各国政府、地域経済共同体、民間セクター、地元コミュニティなど幅広い分野のパートナーと共に、持続可能な開発のための取り組みを進めています。

UNDPとTICAD、そして日本政府と のかかわり

UNDPはTICADの共催者として、TICADの議題の設定や、プログラムの策定と実施、フォローアップを支援しています。また、UNDP と外務省は、アフリカ支援を含んだ開発課題・政策に関し、定期的な戦略政策対話を行っています。UNDPは国際協力機構(JICA)と覚書を交わしており、JICA との現場レベルでの連携強化に加え、アフリカの開発に関するハイレベル・シンポジウムやセミナーの共催などを行っています。

TICAD VIに向けて

UNDPはTICAD VIにおいては、共催者として本会議や公式イベントに様々な形で関わりますが、その他にもTICAD やアフリカ開発に関する日本の人々や民間セクターの関心を高めるために、日本国内での広報活動やTICAD VI期間中のサイドイベントの開催などを計画しています。
※詳細については、随時、ウェブサイトに掲載し、Facebookなどで配信していきます。

TICAD Vの概要とフォローアップ