第5回アフリカ開発会議(TICAD V)

2013年の第5回アフリカ開発会議(TICAD V)の様子Photo: UNDP Tokyo/Yukiko Abe

TICAD Vの概要
2013年6月1日から3日にかけて横浜で第5回アフリカ開発会議(TICAD V)が開催されました。共催機関である国連開発計画(UNDP)からはヘレン・クラーク総裁を団長とする代表団が本会議やテーマ別会合に出席しました。クラーク総裁は、テーマ別会合4「ジェンダーの平等と女性のエンパワーメント」の議長を務め、リベリアのエレン・ジョンソン・サーリーフ大統領、ルワンダのポール・カガメ大統領などをはじめとするアフリカ各国首脳、岸田文雄外務大臣、国連機関の長などをパネリストに迎え活発な議論を行いました。
また、TICAD V公式サイドイベントで、UNDPは外務省と共催で公開シンポジウムを行いました。シンポジウムでは、TICAD IVで設立された「アフリカの気候変動対策に関するパートナーシップ構築のための『日本・UNDP共同枠組み』」に基づき、日本政府から9210万米ドルの資金を得てUNDPがアフリカ20か国で実施した「アフリカ気候変動適応支援プログラム(AAP)」の成果発表を行ないました。シンポジウムでは、ブルキナファソのブレーズ・コンパオレ大統領、松山政司外務副大臣から開会の辞をいただき、クラーク総裁が基調講演をしました。
TICAD Vでは、39人の国家元首・首脳級を含むアフリカ51か国、31か国の開発パートナー諸国及びアジア諸国、72の国際機関及び地域機関の代表ならびに民間セクターやNGO等市民社会の代表等、約4500人以上が参加し、アフリカに質の高い成長と持続可能な開発をもたらすために協力していく決意をあらたにしました。安倍晋三内閣総理大臣は、TICAD Vの「平和と安定の促進」、「強固で持続可能な経済の構築」、「包摂的で強靭な社会の促進」の各重点分野で、今後5年間に3.2兆円(約320億米ドル)の官民の取り組みを通して、アフリカの成長を支援することを表明しました。この官民の取り組みで、貿易、インフラ、民間セクター開発、保健、農業、農産物加工などの分野でアフリカを支援することが期待されています。これは、サヘル地域における開発・人道支援、治安安定化支援のための1000億円(約10億米ドル)や、アフリカの人々の雇用創出のための支援を含みます。
TICAD Vの閉会式で、出席した各国・各機関の代表団は、「横浜宣言2013」(外務省ウェブサイトへリンク)を発表しました。この宣言は、アフリカの国々が農業開発、雇用創出、食料安全保障を通して福祉の向上を図り、かつビジネスや貿易の潜在能力を発揮することを求めたものです。同時に発表された「横浜行動計画2013-2017」(外務省ウェブサイトへリンク)では、アフリカ諸国は農業分野で6%の成長を目指し、2018年までに米の生産量を2008年のレベルと比して倍増させることを目指しています。

TICAD V関連情報(参考)
結果概要(外務省ウェブサイト)
クラーク総裁によるTICAD V本会議開会式スピーチ(英語)
クラーク総裁によるTICAD V本会議におけるテーマ別会合報告(英語)
第5回アフリカ開発会議(TICAD V)の開幕にあたり、UNDPはアフリカ開発への支援を再確認-TICAD共催機関はアフリカ大陸における持続可能な開発の飛躍的な前進を期待(2013年05月31日発UNDPプレスリリース)
第5回アフリカ開発会議(TICAD V)で女性のエンパワーメントとジェンダーに焦点を当てた分科会を開催(2013年06月01日発UNDPプレスリリース)
横浜でアフリカ開発課題への支援を表明-日本から320億米ドルの拠出を約束-(2013年06月03日発UNDPプレスリリース)

ヘレン・クラークUNDP総裁からのメッセージ

◆TICAD Vの主要テーマとUNDPのかかわり

強固で持続可能な経済の構築 包摂的で強靱な社会の促進 平和と安定の促進

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル