Japan

ニュースセンター

プレスリリース

UNDP総裁、持続可能な開発目標(SDGs)達成に向け日本の産官学と連携強化

UNDPのアヒム・シュタイナー総裁は11月26日から2日間の日程で訪日し、日本政府高官、企業幹部、および学術界の要人と、持続可能な開発に向けた共創について協議しました。

最新のニュース


開催報告: TICAD7に向けて#6

2018年11月30日(金)に開催した第6回「AFRI CONVERSE」では、アフリカにおける日本の中小企業・起業家の現状と展望について、政府、大学、国際機関、民間企業、NGOから集まった約100名の日本人・アフリカ人参加者と協議しました。  


アフリカにおける人材育成

第7弾AFRI CONVERSEはアフリカの人材育成に対する展望を語り尽くします。  


UNDP駐日代表事務所 インターン募集のお知らせ (応募締切:1月25日)

インターンを募集しています。国際機関や開発分野でのキャリア形成、特にUNDPの活動に関心をお持ちの方にとっては業務補佐に携わっていただく貴重な機会です。多くのみなさまのご応募をお待ちしております。  


UNDPとJICA、ナイジェリアの地方行政官を日本に招聘し復興の経験を伝える

UNDPとJICAの連携事業の一環で、日本の戦後復興において地方行政が果たした役割と経験を伝えるため、ナイジェリアから地方行政官3名を招聘、広島を訪れました。  


開催報告: TICAD7に向けて#5

第5回AFRI CONVERSE目では、アフリカにおけるSTI(科学技術イノベーション)の現状と展望について約100名の参加者と協議しました。  


国連にしかできない開発援助~ジンバブエで「結果を出す国連」を目指して~

TICADに向けたエッセイシリーズ第4弾はジンバブエで国連常駐調整官事務所長をつとめる馬渕加奈子さんのインタビュー。国連の仕事は現場で  


ウガンダで難民支援事業に取り組む

現地で人と話しながら取り組むのがやりがいと語る国連ボランティアの松本夏季さんによる第3回アフリカの未来をささえる〜UNDPの活動現場から〜エッセイです。  


広報戦略を通じて助け合い、困難に立ち向かう 〜セネガルで活躍する国連ボランティア〜

国連ボランティアとして西・中央アフリカ地域オフィス(在ダカール)の広報官を務める大沼照美からの寄稿。  


開催報告: TICAD7に向けて#4

第4回AFRI CONVERSEは「草の根の声」をテーマに9月28日に開催しました。  


UNDPと経団連のSDGs推進に関する覚書の締結について

UNDPと経団連のSDGs推進に関する覚書を締結しました。  

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル