Japan

ニュースセンター

プレスリリース

日本政府、UNDPに1億8,063万ドルの支援を提供、各国で支援開始 〜多くの日本人職員が現場で活躍!〜

UNDPは日本政府の補正予算から約1億8,063万ドルの拠出を受け、アフリカ、中東、欧州、アジアの32の国と地域で、緊急性の高い33のプロジェクトを開始しました。

最新のニュース


TICAD7 アフリカビジネス SDGsセミナー

本セミナーでは、既にアフリカでビジネスをされている企業の声を交えながら、アフリカ市場の可能性と魅力を探り、JETRO、JICA、国連開発計画(UNDP)の連携によるアフリカビジネス支援策をご紹介します。  


TICAD7 - イノベーティブ・スタートアップ・ピッチングイベント: 登壇企業の募集について

アフリカの社会課題を革新的な技術とアイディアで解決しつつ、持続的なビジネス展開を実施している、もしくは実施を計画しているテック・スタートアップ企業を募集  


アフリカにおける平和構築

今年8月に横浜にて開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に向けた月例アフリカ対話イベント「AFRI CONVERSE」の第11回を「アフリカにおける平和構築」をテーマに開催します。  


ウガンダ:難民と難民受け入れ地域の住民の持続可能な暮らしを目指して

ウガンダでは周辺国からの多くの難民を受け入れています。UNDPは日本政府の資金拠出を得て、2018年4月から2019年3月までの1年間、南スーダン難民と地元住民に対する生計向上支援とウガンダの政府に対する能力強化支援を行いました。  


日本政府とUNDPアフリカ地域センター(エチオピア)、 TICAD7に向けて「ブルー・エコノミーにおける起業、雇用機会と技術イノベーションに関するワークショップ」を開催

エチオピア・アディスアベバにて「ブルー・エコノミーにおける起業、雇用機会と技術イノベーション」に関するワークショップを開催しました。  


ユース・エンゲージメント・コンサルタント募集のお知らせ(応募締切5月20日)

国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所では現在、ユース・エンゲージメント・コンサルタント1名を募集しています。多くのみなさまのご応募をお待ちしております。  


SDGアドボカシーコンサルタント募集のお知らせ(応募締切5月15日)

国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所では現在、SDGアドボカシーコンサルタント1名を募集しています。多くのみなさまのご応募をお待ちしております。  


開催報告: TICAD7に向けて#9

2019年3月29日(金)に開催した第9回「AFRI CONVERSE」では、アフリカの母子保健の現状と展望について協議しました。  


日本政府、UNDPに1億8,063万ドルの支援を提供、各国で支援開始 〜多くの日本人職員が現場で活躍!〜

UNDPは日本政府の補正予算から約1億8,063万ドルの拠出を受け、アフリカ、中東、欧州、アジアの32の国と地域で、緊急性の高い33のプロジェクトを開始しました。  


アフリカの多様な文化と魅力 ~スポーツ、ファッション、ダンス、音楽~

今年8月に横浜にて開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に向けた月例アフリカ対話イベント「AFRI CONVERSE」の第10回を4月26日(金)に開催します。  

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル