Business Call to Actionフォーラム東京2013 - 開発途上国の人々の生活を向上するビジネス革新 - 開催のご案内【受付終了しました】

2013/11/05


民間企業がビジネスを通じて、貧困や環境問題などの社会課題の解決に寄与する取組みが世界的に増加しています。国連開発計画(UNDP)と7つの主要援助機関が2008年より実施している「Business Call to Action: BCtA」では、開発成果と事業収益を両立する優れた取組みを80件以上承認し、革新的なビジネスモデルの普及と展開を支援してきました。
日本で初めて開催されるBusiness Call to Actionフォーラムでは、これまでにBCtAに参加した日本の4企業に、国際的に高く評価されたビジネスモデルについて発表していただきます。そして開発途上国の社会課題の解決に欠かせないビジネス革新と実践的なアプローチについて議論します。

皆さまのご参加をお待ちしております。

日 時 : 
2013年11月21日(木)16:30~18:00 (16:00開場)

場 所 : JICA地球ひろば(JICA市ヶ谷ビル内) 「国際会議場」 (東京都新宿区市谷本村町10-5)
       地図は:こちら

主 催 :
Business Call to Action (BCtA)、国連開発計画(UNDP)

後 援 : 一般社団法人 日本経済団体連合会

お申込み方法 :下記ウェブサイトよりお申込み下さい。お申込み後に「受付のお知らせ」メールが届きますので、そのメールのプリントアウトを、当日、受付にお持ち下さい。 
⇒ お申込みサイト

                    【プログラム】

  1. 開会挨拶 (16:30~16:35)
    国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所 次席代表 北川洋

  2. ご挨拶 (16:35~16:40)
    米国大使館 米国国際開発庁(USAID)開発協力担当参事官 ジェイ・シン氏

  3. Business Call to Action (BCtA)のご紹介 (16:40~16:45)
    国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所 広報・市民社会担当官 西郡俊哉

  4. BCtA参加企業によるパネルディスカッション:開発途上国の人々の生活を向上するビジネス革新 (16:45~18:00)

    パネリスト ユニ・チャーム株式会社 常務執行役員 CSR部長 髙橋紳哉氏
    株式会社良品計画 取締役生活雑貨部長 鈴木啓氏
    味の素株式会社 研究開発企画部 専任部長(国際栄養) 取出恭彦氏
    伊藤忠商事株式会社 広報部 CSR・地球環境室長 小野博也氏
     
    モデレーター 日本放送協会(NHK)解説委員 道傳愛子氏

上記企業のBCtAに承認された取り組みの内容については下記プレスリリースとBCtAホームページ(英語)をご参照下さい。

ユニ・チャーム :
  中東とアジアの3600万人の低所得層の女性に手ごろな価格で衛生用品を提供
  Business Call to Action: Unicharm Corporation(英語) 

良品計画 : 

  良品計画:カンボジア、ケニア、キルギスの手工業者の商品開発を支援
  Business Call to Action: Ryohin Keikaku(MUJI)(英語) 

味の素 : 
  20万人の離乳期の子どもたちに栄養サプリメントを提供してガーナにおける栄養改善を推進
  Business Call to Action: Ajinomoto Co.(英語)

伊藤忠商事/クルック 

  「プレオーガニックコットン(POC)プログラム」でインド農家を支援
  Business Call to Action: ITOCHU Corporation & kurkku(英語)