~国際女性の日に寄せて~ かわる時は今 。農村と都市部の活動家が変容させる女性の生活

2018/03/08

Photographer: UNDP India/2017/Prashanth Vishwanathan

アヒム・シュタイナー 国連開発計画(UNDP)総裁

女性に関する運動が国際的に大きな話題となっています。セクシャルハラスメントや性的虐待に対して声を上げる#MeTooや#TimesUp、フェミサイドに抗議する#NiUnaMenosなど、様々な運動が巻き起こっており、平等をうったえる声は世界中に響きわたり、その空気をはっきりと感じることができます。今年の国際女性デーはそれらの様々な活動や運動によりさらに意味を増しています。本日は家父長制に対して真実を告げ、女性に対して公平な権利を勝ちとるために、たゆまぬ努力を続ける活動家の皆さんに敬意を表したいと思います。

セクハラと性的虐待を終わらせる時は今

女性に対する暴力を終わらせる時は今

女性の政治参加を進める時は今

性別による賃金格差を埋める時は今

農村部の女性たちに平等な機会を保障する時は今

女性の平等と権利に取り組む活動家の皆さんを称える時は今

国際女性の日を迎えるにあたり、差別や排除のない世界がつくられ、すべての女性や男性に尊厳と機会が与えられるようさらに努力を重ね、この問題に取り組むすべての方々を祝福し、称えましょう。

2030アジェンダと持続可能な開発目標(SDGs)で定められた約束に対して、これらの活動が変化への流れをつくっています。

貧困撲滅から公平な成長、質の高い教育まで多岐にわたる 17の目標は全て繋がっており、特にジェンダーの平等はこれらの目標全てを達成する上で極めて重要になります。つまりは、女性のエンパワーメントを支える上で、家庭やコミュニティ、職場において我々一人一人が役割を担っていることになります。

女性の平等と2030アジェンダを達成することにより、女性の誰一人も置き去りにされない社会を作ることができます。

 

 

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル