ケマル・デルビシュ国連開発計画(UNDP)総裁の来日について

2007/11/23

  1. ケマル・デルビシュ・国連開発計画(UNDP)総裁が、12月8日から11日まで来日することになりました。

  2. デルビシュUNDP総裁は、滞在中、日本政府関係者と意見交換をするほか、京都議定書10周年記念シンポジウム「気候変動と人間の安全保障」(UNDP主催・外務省共催)に出席し、2007/2008年版人間開発報告書について発表する予定です。

  3. UNDPは明年5月横浜にて開催予定の第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)の共催団体の一つであり、今回のデルビシュUNDP総裁の来日により、TICADIV、北海道洞爺湖サミットに向けて、日本政府との協力関係がより一層強化されることが期待されます。
【ご参考】
2007/2008年版「人間開発報告書」(HDR: Human Development Report)のテーマは「気候変動と戦う - 分断された世界で試される人類の団結」です。

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル