シグリット・カーグUNDP対外関係・アドボカシー局長、テゲグネワーク・ゲトゥーUNDPアフリカ局長他の来日報告 (2月28日-3月2日)

2012/03/16

加藤外務大臣政務官(右)とカーグ局長 photo:undp tokyo


【2012年2月28日-3月2日】
国連開発計画(UNDP)のシグリット・カーグ対外関係・アドボカシー局長とテゲグネワーク・ゲトゥー アフリカ局長は、日本との更なる連携強化に向けた一連の協議のため、3月2日(金)まで東京を訪問しました。カーグ局長の訪日(2月28日~3月2日)は昨年10月に続き3回目、ゲトゥー局長はUNDPアフリカ局長として初来日(2月27日~3月2日)となりました。両局長の来日概要は以下の通りです。

シグリット・カーグ対外関係・アドボカシー局長の来日概要

加藤外務大臣政務官への表敬訪問
2月29日(水)に外務省で行われた会談では、加藤敏幸外務大臣政務官より、アフガン支援、ポストミレニアム開発目標(MDGs)、アフリカ開発会議(TICAD)など日本政府がイニシアティブを発揮する様々な取組みにおいて両者の連携が進んでいることにつき、満足の意が示されました。特に、防災分野では、7月に日本政府が開催を予定している「大規模自然災害に関するハイレベル国際会議」を通じた更なる連携強化への期待が伝えられました。カーグ局長は、日本の期待に応えるべく努力を惜しまない意向を伝えると共に、UNDPを通じたイエメンの選挙支援プロジェクトに対する支援等、日本政府の迅速かつ的確な支援に深い感謝の意を表明しました。

福山参議院外交防衛委員長への表敬訪問
福山哲郎参議院外交防衛委員長とカーグ局長の意見交換は昨年10月に続き今回が2回目であり、同委員長からは、日本政府が昨年6月に開催したMDGsフォローアップ会合の成功に対するUNDPの貢献やアフガニスタン等における日本政府拠出プロジェクトの実施への協力が評価されました。カーグ局長は、本年6月に開催される「国連持続可能な開発国際会議(リオ+20)」に向けた国際的な議論やポストMDGs策定プロセスにおけるUNDPの取組み、日本がホストする7月の大規模自然災害国際会議へのUNDPの協力について説明するとともに、日本政府拠出プロジェクトの成果を効果的に発信していく意向を伝えました。

藤井参議院政府開発援助等に関する特別委員長への表敬訪問
カーグ局長は、参議院政府開発援助等に関する特別委員会の藤井基之委員長を訪問し、意見交換を行いました、同委員長より、UNDPがアフガニスタン、パキスタンや中東諸国で実施中の活動に対する評価とともに、2013年6月に横浜での開催が予定されているTICAD Vに向け連携を強化したい意向が伝えられました。また 政府開発援助(ODA)予算については、厳しい予算状況に触れつつも、最大限努力したい考えが示されました。カーグ局長は、日本の国際協力に対する力強いコミットメントを評価し、日本のODAによるUNDPを通じた途上国への支援に深い謝意を表明しました。

平岡民主党総務委員長への表敬訪問
カーグ局長は民主党の平岡総務委員長を訪問し、委員長ならびに同席した大野元裕民主党国際局副局長との意見交換を行いました。平岡委員長からは、日本のODA実施にUNDPが果たしてきた役割への評価が示されました。これに対しカーグ局長は、日本が東日本大震災後の困難な状況にあってもODAを継続していることに謝意を表明し、持続可能な開発やTICADプロセスを通じたアフリカ開発、途上国の民間セクター支援等、日本が高い関心を寄せ、UNDPが知見を有する分野において、更なる連携強化に努めたい考えを示しました。また、大野副局長からは、ODAの継続を支持する観点から、日本政府拠出プロジェクトの着実な実施につき要請があり、カーグ局長もこれに同意しました。

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル