「開発と平和のためのスポーツの国際デー」記念イベントのご案内(4月4日)

2014/03/12

国連総会は昨年、近代オリンピックが1896年に初めて開催された46日を「開発と平和のためのスポーツの国際デー」と定めました。今年の46日は、その初めての記念日となります。国連は、スポーツが平和と開発を促し、寛容と相互理解を育む側面に着目してきました。国連事務総長は、「開発と平和のためのスポーツ」担当の事務総長特別顧問を任命し、スポーツを通じた支援活動を推進しています。

国内でも、国際協力機構(JICA)、国際協力NGOセンター(JANIC)および国連開発計画(UNDP)が国際協力を促進するために実施している「なんとかしなきゃ!プロジェクト」にスポーツ界からも多くの著名人が賛同し、広報・アドボカシー活動に参加しています。また、日本政府も2020年東京五輪・パラリンピック開催に向けて、スポーツを通じた国際支援活動を促進するため、「スポーツ・フォー・トゥモロー」を公約し、今後スポーツを通じた様々な活動が行われる予定です。

国連広報センターと「なんとかしなきゃ!プロジェクト」は、初めての「開発と平和のためのスポーツの国際デー」を機に、スポーツが開発と平和構築に果たす役割について、ディスカッションを通じて参加者と一緒に考えるイベントを以下の要領で開催します。


開催概要
日時
: 201444日(金)1700開場 1730開始 2000終了
場所: 3×3 Labo (さんさんらぼ)(東京都千代田区丸の内3-2-3 富士ビル 3F)、地図

主催: なんとかしなきゃ!プロジェクト、国連広報センター(UNIC
共催: 国際協力機構(JICA)、国際協力NGOセンター(JANIC)、国連開発計画(UNDP
協力: エコッツェリア協会、NHK
後援: 独立行政法人日本スポーツ振興センター 
     外務省、文部科学省、日本オリンピック委員会、筑波大学 体育系(いずれも申請中)
参加費:無料

お申し込み
: 参加ご希望の方は4月3日(木)までに、こちらのフォームからお申込みください。定員となり次第、締め切らせていただきます。

お問い合わせ: 国連広報センター(岡野 電話:03-5467-4451

プログラム(予定)
プレイベント(17301820

ドキュメンタリー映画上映 『カブールの女子ボクサー(The Boxing Girls of Kabul)』

休憩 (10分)(18201830

本イベント(18302000
総合司会: JICA
来賓者あいさつ: 外務省および文部科学省 (予定)

国連広報センター所長より:国連事務総長メッセージ代読

事例紹介

  北澤豪(きたざわ つよし)JICAオフィシャルサポーター
  「スポーツを通じた国際協力に関わって」 (予定)

  白井貴子(しらい たかこ)モン・スポ(NPO法人バレーボールモントリオール会)代表

パネルディスカッション、Q&A
  北澤豪 JICAオフィシャルサポーター
  白井貴子 モン・スポ(NPO法人バレーボールモントリオール会)代表
  峰村史世(みねむら ふみよ) 元青年海外協力隊員 (マレーシアにて水泳指導)
  山口拓(やまぐち たく) 筑波大学・体育系・助教授
  (スポーツ政策専門家として、国連東ティモール暫定行政機構・教育担当部局に配属)

  根本かおる 国連広報センター所長(モデレーター)

閉会あいさつ: 近藤哲生 UNDP駐日代表


開発と平和のためのスポーツの国際デー特集シリーズ~ UNDPの取り組み~(国連広報センターウェブサイト)

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル