東京大学と国連開発計画(UNDP)は11月27日(火)、包括連携協定を締結することとし、記念シンポジウム「世界を変える〜持続可能な未来を協創する東京大学と国連開発計画の挑戦〜」を同日、共催します。当イベントには五神真東京大学総長とアヒム・シュタイナーUNDP総裁が揃い、持続可能な未来の創造に向けたビジョン、そして協働の形を示します。さらに次世代を担う学生との対話を通し、今後必要な行動について議論します。

東京大学とUNDPはどちらもその使命を果たす上で、持続可能な開発目標(SDGs)を行動指標に据えています。東京大学は「世界の公共性に奉仕する大学」としての使命を踏まえ、「未来社会協創推進本部」を設置し、地球と人類社会の未来への貢献に向けた協創を推進しています。UNDPは世界170の国・地域で活動する国連の主要な開発支援機関として、SDGsの策定に大きな役割を果たし、現在もSDGsの認知向上や、各国の開発目標の達成を支援しています。

今回のシンポジウムでは、国連機関と学術界の連携を通し、いかに地球と人類にとって明るい未来を築けるか、またその可能性を模索します。

  • 日時:2018年11月27日(火)9:30-11:00
  • 場所:東京大学 山上会館 大会議室
  • 募集人数:100名 ※参加費無料・先着順
  • 言語:英語
  • 参加登録:参加ご希望の方はこちらからご登録ください。

プログラム

9:00 - 9:30 開場
9:30 - 9:45 UNDP紹介ビデオ上映
9:45 – 9:55 五神真 東京大学総長講演
9:55 – 10:05 アヒム・シュタイナー UNDP総裁講演
10:05 – 11:00 学生との対話
ファシリテーター:沖大幹 東京大学サステイナビリティ学連携研究機構 教授/国際連合大学上級副学長

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル