UNDPと日本政府が連携し、タジキスタンとアフガニスタンの人々の生活改善を支援 -新イニシアティブ開始に向け、ドゥシャンベにて調印-

2014/03/19

【2014年3月19日、ドゥシャンベ】
本日、国連開発計画(UNDP)と日本政府はタジキスタンにおいて「タジキスタン-アフガニスタン国境地域生活改善計画(LITACA)」の交換公文に署名しました。総額1070万米ドルに上る3年間の新プロジェクトは、日本政府が国際協力機構(JICA)を通じて資金拠出し、UNDPタジキスタン事務所が同アフガニスタン事務所と協力しながら実施します。

プロジェクト(LITACA)の目的はタジキスタンのハトロン州(Khatlon)、アフガニスタンのクンドゥーズ州(Kunduz)とタハール州(Takhor)において、国境沿いの農村地域の生活環境を改善し、強靭性を高め、安定と安全性を促進することです。

LITACAはタジキスタンとアフガニスタンの政府、地方自治体、地域コミュニティ、市民社会組織と密接に連携し、開発課題により良い解決策を見出し、インフラ設備や公共サービスの改善を図り、ビジネスチャンスを創出し、国境を越えた協力関係の構築を目指します。

このプロジェクトでは75以上の地方インフラ設備を修復し、農村地帯に暮らす女性を含む17万6400人以上の社会的に脆弱な人々が学校、病院、灌漑、飲料水、エネルギー供給などのインフラへ直接アクセスしやすいよう改善を図ります。また、より充実した公共サービスを住民に提供できるよう地方自治体の能力を強化し、農業やビジネスが発展するように農業従事者や起業家を支援します。職がない若者、女性、障害者など経済的に脆弱な人々には職業訓練を実施し、雇用の可能性を高めます。

プロジェクトは、国境沿いに居住する150万人以上の生活環境を向上させ、タジキスタンとアフガニスタン両国の国境を越えた協力関係を構築します。これにより、この地域の安定と安全性を促進します。

※本件に関する外務省の発表はこちらから、JICAの発表はこちらからご覧いただけます

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル