第3回開発資金国際会議 【7月13日~16日:エチオピア アディスアベバ 】

2015/07/13

2015年7月13日から16日にかけて、エチオピアのアディスアベバで「第3回開発資金国際会議」が開催されます。この会議では各国の代表が、2015年以降の持続可能な開発アジェンダのための、資金調達のあり方について国際的な合意を採択する予定です。

国連開発計画(UNDP)はこの会議が、「持続可能な開発目標(SDGs)」と同様に国際社会にとって大胆かつ野心的な資金的枠組みを採択する重要な機会になると確信しています。

UNDPは開発資金の調達のために様々な取り組みを行っています。各国が環境金融にアクセスし、資金計画を策定できるよう支援を行い、ドナーと裨益者間の情報交換やより効果的な開発協力を促進し、また債務の持続可能性に関する調査や政策アドバイスを行い、さらに潜在的な民間投資を最大限引き出すといった取り組みを行っています。

私たちは、各国が新たな開発目標を実現し、人々の生活を改善させるのに必要な資金にアクセスを有する必要があると提唱しています。国内外、また官民問わずすべての資金源が重要な役割を有しています。 

地球の福利や、気候変動を食い止めるための投資は、無駄なものではなく、多様な経済的、社会的、環境的な利益を現在および未来に渡って創造できるものにつながると私たちは確信しています。

今回のアディスアベバの会議は、SDGsを成功に導く土台作りのための歴史的な機会となります。

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル