UNDPと日本政府、ウクライナ・ドンバス地域の経済インフラ整備のため、約50万米ドルを支援

2015/10/09


国連開発計画(UNDP)ウクライナ事務所は、日本政府が拠出する「ドネツクとルハンシク州における事業支援のためのインフラ開発」コンテストの結果を発表しました。19団体に計1097万フリヴニャ(計約50万米ドル)が拠出され、各団体は地域経済活性化、中小企業支援、ビジネス活性化を目的としたプロジェクトに活用します。全て今年中に開始される予定です。

ドネツク州でのコンテスト受賞案件:
1. 窯業経済圏の創生プロジェクト(スラビャンスク陶芸品製造組合)–100万フリヴニャ

2. 地域事業技術養成センター設立プロジェクト(プリャゾフシキー州工科大学)– 62万2850 フリヴニャ

3. ドネツク州中小企業向け、輸出可能性開発プロジェクト(ドネツク州商工会議所)– 60万フリヴニャ

4. ドブロビリヤ市域持続的開発プロジェクト(ドブロビリヤ市開発センター)– 69万3419 フリヴニャ

5.アルチェモフスクの地域経済活性と事業環境改善を目的とした“ビジネスハウス”プロジェクト– 50万フリヴニャ

6. 中小企業支援を通じたクラコヴ市再生プロジェクト(カミアンカ-ブズカ地区開発機関) – 65万 フリヴニャ

7. ドルジュキーウカ現代センタープロジェクト(ドルジュキーウカ市議会執行委員会)– 23万820 フリヴニャ

8. トネツク州向け持続的経済発展の為のインフラ整備プロジェクト(ドンバス持続的経済発展機関)– 40万 フリヴニ

9. クラスノアルメイスクにおける官民連携開発プロジェクト(ポディリャ地域開発機関)– 85万3496フリヴニャ

10. 紛争解決メカニズムとしての調停推進(地域組織‘オープンエコノミー’ )– 30万 フリヴニャ

11. フリーランス・マイダンプロジェクト(成人教育とイノベーション開発のウクライナのネットワーク)– 84万5200フリヴニャ

ルハンシク州でのコンテスト受賞者:

1.ルハンシク州の事業家向けコンサルティングセンタープロジェクト(ルハンシク商工会議所)– 60万 フリヴニャ

2. シュカツア市事業開発センターの設置(シュカツア市地方開発団体)– 70万 フリヴニャ

3. 持続的経済発展の為のインフラ整備プロジェクト(ルハンシク地域の持続的経済開発団体)- 40万 フリヴニャ

4. セベロドネツク市の経済開発機関の設立プロジェクト(ウクライナ都市協会ルハンシク地域支部)- 30万 フリヴニャ

5. 事業開発センター設置プロジェクト(東ドンバス地域開発機関)– 40万フリヴニャ

6. ドンバスの起業家プロジェクト(IPTVネットワークトレーニングとコンサルティング構築)– 65万 フリヴニャ

7. 事業支援センターの設立―ルハンシク州開発協会(クレミンナ商工組合)– 62万4210 フリヴニャ

8. 未来の起業家向けイノベーションセンターの設立(中央ルハンシク州地域開発機関)– 60万フリヴニャ

ドンバス地域の経済・社会復旧プロジェクトは、日本政府、ウクライナ政府、地方行政機関からの寄付金でUNDPが実施しています。本プロジェクトの主な目的は、インフラ整備や生活支援を含む地域経済の回復であり、2014年9月の国連総会にて安倍晋三首相が表明したウクライナ東部支援に基づきます。ウクライナ独立後の日本の支援総額は、29億ドル以上にのぼります。

参考 1米ドル=21.02フリヴニャ(2015年6月12日現在:ウクライナ中央銀行)

 

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル