12月1日の世界エイズ・デーに寄せて: ケマル・デルビシュ国連開発計画(UNDP)総裁

2007/12/01

世界エイズ・キャンペーンは、本年の世界エイズ・デーのテーマとして「リーダーシップ」を選定しました。 これは、個人、家族、コミュニティ、国家的、そして国際的なレベルでエイズと戦うにあたって、リーダーシップ強化を支援することを、私たちがあらためて公約するよう呼びかけています。

国連合同エイズ計画(UNAIDS)発行の“2007年版エイズ感染情報(AIDS Epidemic Update)”による最新データでは、世界規模でHIVとともに生きる人々の数は3320万人と横ばいで、新しい感染者の数は低下しています。しかし 私たちは、毎日新たに6800人が感染し、5700人以上が亡くなっている状況で、エイズは長期的に人々の命を奪い、貧困をさらに深刻化させ、資源を 消耗させることによって開発に危機をもたらすと捉えています。私たちは、2010年までに世界的なHIVの感染予防、治療、ケアや支援をさらに充実させな ければなりません。

国連開発計画(UNDP)は、UNAIDSとともに国連システムの主要な支援機関として、エイズとの戦いにおいて主導者的役割を果たし、開発、政策、人権の尊重やジェンダーの平等に悪影響を及ぼすHIV/エイズに取り組むために努力を続けていきます。そしてHIV/エイズの蔓延を食い止めるべく、国連システムにおいてより協調的な活動を支援しています。

今日の世界デーに際し、私たちは皆AIDSとの戦いにおけるリーダーシップを維持し、ミレニアム開発目標の6つ目の目標である「HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延防止」を推進しつづけ、2015年まで達成することを誓約します。

以上

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル