UNDPと東北大学のパートナーシップ「災害統計グローバルセンター」設置発表式におけるヘレン・クラーク国連開発計画(UNDP)総裁ステートメント

2015/03/15

Photo: UNDP Tokyo/YukikoAbe


【2015年3月15日、日本・仙台】
東北大学における災害統計グローバルセンターの発表式に出席できることを大変光栄に思います。東北大学と提携できることは国連開発計画(UNDP)にとって誇りであり、私たちのパートナーシップが発展を続けていることは喜びでもあります。また、仙台での第3回国連防災世界会議開催中にこの発表式を開催できたことも喜ばしい限りです。防災の分野で継続してリーダーシップを発揮されている、奥山恵美子・仙台市長と里見進・東北大学総長にも感謝いたします。

今回、仙台で開かれている重要な国際会議に対し、UNDPは「リスクに配慮しなければ、開発は持続不可能である」というメッセージを発表しています。リスクを十分に理解せず、しかもリスク削減のための措置も講じずに開発を進めれば、持続可能な開発は達成できません。リスクが軽視されれば、時にはわずか数分で、人命や学校、病院その他のインフラはおろか、仕事や生活もすべて失われかねないからです。

すべての開発決定を、災害リスクを理解したうえで下すためには、政策や計画策定、制度構築、コミュニティ参画の参考となる有用な情報が必要となります。私たちには、科学的に正確なデータ、それも地域の人々と政策立案者がともに利用し、それをもとに行動できるデータが必要です。

UNDPは、長年にわたる政府やコミュニティ、開発関連のパートナー、専門家との取り組みによって、防災について高度な経験を積んでおり、私たちのコミットメントもかつてないほど強まっています。2005年以来、UNDPは兵庫行動枠組(HFA)の優先目標達成に向けた国と地域の取り組みに、20億ドル近く費やしています。災害リスク削減と復興は、UNDPの新たな戦略計画(2014-2017年)の中でも中心的要素となっており、そのための資金も、旧計画の年間1億5000万ドルから、現計画では2億ドルへと引き上げられています。

リスク評価と国内災害データベース構築への支援という特定の分野では、30か国以上で活動を支援してきています。こうしたデータベースが、防災システムに不可欠な要素となった国も多くあります。

これらデータベースの有用性は、容易に示すことができます。洪水の起こる地域が分かれば、どこに家を建ててはいけないのかが分かります。サイクロンで被災者が取り残された地域が分かれば、避難路をどこに設けたらよいのかが示せます。また、地滑りの可能性がある場所が分かれば、どこに木を植え、擁壁を作ればよいのかが把握できます。こうした情報は役立ちます。

しかし、優れたデータや根拠があっても、適切な人に届かなければ、ほとんど意味がありません。データや根拠を伝達できる経路の改善を続けることが重要です。それを達成するのに一番良い方法は専門性を構築することです。この災害統計グローバルセンターは、専門知識や技術援助の重要なプールとしての役割を果たす、真の意味でグローバルな施設となります。私は、センターの設立の実現に向けて、東北大学と連携し、日本政府との強力なパートナーシップを持続できたことを、たいへん嬉しく思っています。

UNDPは、パートナーの国々が、ここで作成された情報を政策の立案と計画策定に用い、この分野での能力を強化するための支援を提供します。具体的には4つの活動を展開していきます。

第1に、私たちは、現在まだ災害データベースのない国々で、新たにこのシステムを構築し、各国の具体的なニーズに合わせた運用を図るための支援を行います。

第2に、私たちはこれらデータベースを理解し、使用するための能力強化に寄与します。それには、データベースを利用する専門家と、作成された情報を理解し、利用する必要のある政策立案者をともに養成することが含まれます。

第3に、私たちは、人々を情報に結び付ける携帯アプリの使用、あるいはユーザが入力に貢献できるオープンデータシステムを通して、革新的なデータベースの利用法を探索、開発します。

第4に、私たちは増大の一途をたどる気候変動の脅威を考慮に入れるべく、データベースと情報の収集、分析の適用も支援します。私たちは、情報を把握するだけでなく、各国が未だかつてないほどに変動的な気候を考慮した計画を策定できるよう、情報を適用する能力も身につけなければなりません。

私は日本政府と東北大学の継続的な支援により、グローバルセンターが優れた防災の拠点として認められることを確信しています。UNDPに代わり、センターの設立にご支援をいただいたすべての方々に感謝するとともに、UNDPがその活動に熱意を傾けていくことをお約束します。

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル