TICAD VIフォローアップ・イベントにおける、UNDPアフリカ副局長によるアフリカの構造変革と人間開発に関する基調講演

2017/04/10

日本政府、国際協力機構(JICA)、国連開発計画(UNDP)、コロンビア大学の共催による第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)フォローアップ・イベントにおいて「アフリカにおける構造変革を通じたSDGsの達成」というテーマで基調演説をさせていただけることを、大変嬉しく光栄に思います。

2030年を達成期限として「誰も置き去りにしない」ことを目標とするグローバルな「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と、「市民を推進力とし、グローバルな舞台で活力を発揮できる包括的な、豊かで平和なアフリカ」を目標とするアフリカの「アジェンダ2063」において定められた公約の実現に向けアフリカが本格的に始動する中、今回の討論は誠に時宜にかなったものといえます。この2つのアジェンダは、貧困と飢餓に終止符を打ち、不平等や差別と闘い、気候変動に対処すると共に、持続可能な開発を実現するために平和で包摂的な社会を促進することを目指しています。

各国代表の方々、皆様、構造的な経済変革に向けた強い意志なくして、この2つのアジェンダを達成することはできません。経済の多様化と産業化の加速を通じた構造変革が、老若男女を問わず、すべての人の選択肢と機会を拡大する上で鍵を握ることは、周知の事実です。また、成長を包摂的なものにし、アフリカの若年人口には賃金雇用を、社会から隔絶された集団や遠隔地域に住む人々には生計を立てる機会を創出することも重要です。さらに、健康、聡明で主体的な市民が、経済変革に欠かせないことも事実です。

2000年以降、アフリカは目覚ましい成長を遂げています。中でもサハラ以南のアフリカの成長率は、世界のほとんどの地域を上回っています。グローバル経済が2007年以降停滞するなかで、アフリカ経済は世界でも最速レベルの成長を続けています。アフリカで最も経済成長率が高い10か国を見ると、2016年には、全世界平均が3.2%であるのに対し、5.0~8.5%の成長を遂げています。他方、アフリカの人々、特に若者や女性を始めとする社会的に最も脆弱な層が置かれた環境の改善は依然として課題となっています。アフリカ大陸では人間開発の格差は狭まってきてはいるものの、他の地域と比べると、貧困と不平等は依然として極めて深刻な問題です。

本日はこれらを背景に、2016年8月にナイロビで開催されたTICAD VI会議の提言を受け、既存の機会をどう活用して、包摂的で持続可能な産業化を通じて構造変革と人間開発を加速するべきかについてお話させていただきます。

経済、ガバナンス、社会面の改善により人間開発は進展:

2017年3月21日にストックホルムで発表されたUNDPのグローバル人間開発報告書は、アフリカが人間開発の面で前進を遂げていることを明らかにしています。アフリカは過去15年間、人間開発で全世界の平均を上回る改善を見せています。1990年から2015年にかけ、サハラ以南のアフリカ諸国の人間開発は、世界平均の2倍以上のペースで改善し、平均寿命が6年も延びる一方で、5歳未満の乳幼児死亡率は50%以上減少しました。サハラ以南のアフリカは、モバイル・バンキングの分野で世界をリードしており、モバイル銀行口座を保有する成人の割合は12%で、世界平均(2%)を上回っています。携帯電話利用者の増加も2007年から2016年で344%と、世界平均(107%)をはるかに凌ぐ勢いです。

この背景には先ほど申し上げた経済成長の加速があります。また、大規模な紛争が減少し、ガバナンスが改善したことにも関係しています。事実、アフリカの人口の70%はガバナンスが改善された国に居住しており、人間開発、政治参加と人権、持続可能な経済的機会などからなるガバナンス指標は、2006年から2015年にかけて37か国で改善を見せました。

しかし、多くの人が未だ置き去りに:

こうした前進にもかかわらず、アフリカでは依然として、世界の全地域と比べても、開発の恩恵の配分が最も偏り、女性や女児、農村部の住民、移民、難民、そして紛争被災地域に暮らす人々の多くが置き去りにされています。また、ジェンダーに起因する不平等もアフリカの人間開発にとって引き続き深刻な課題となっています。

アフリカ人口の約60%は依然として、満足な保健や教育、生活水準を享受できておらず、5歳未満の子どもの3分の1が栄養失調と発育不全に陥っています。読み書きのできない成人の割合は35%を超え、就労している成人の約70%が1日3ドル10セント未満の収入で暮らしています。

さらに不利な立場に置かれている人々も存在します。女性や女児、農村部住民、紛争被災地で暮らす人々、少数民族は、他の人々よりも機会に恵まれていません。サハラ以南アフリカの女性は平均寿命こそ男性を上回っているものの、教育を受ける機会は少なく、所得水準も低くなっています。女性は人間開発において男性の88%の水準にしか達していません。女性の有給労働参加率が低いことによるアフリカ地域の損失は、過去の平均で年間950億米ドルに上ると推定されていますが、2014年にはこの数字が1050億ドルに達しました。これはアフリカ全体のGDPの6%に相当します。

アフリカは経済と社会の前進を公平に加速することが必要:

アフリカ諸国は、一次産品への過度の依存から苦い教訓を得ています。近年の商品相場の下落の結果、経済成長は鈍化し、財政面、社会面で深刻な影響を受けました。一次産品価格の急落への対抗力を高めるには、経済と輸出の多様化と産業化をさらに進める必要があります。これは、2週間前にコートジボワールのアビジャンで開催された「第2回アフリカ興隆国際会議」でも重要な提言となりました。

この会議では、TICAD VIの提言を受け、生産性の向上と技術革新の継続、強靭なインフラ整備とエネルギー供給に関する地域連携の促進、人的資本開発への投資、透明性と説明責任が確保された公的制度を実現するために、政府、民間、開発関係者による連携、さらには南南協力と三角協力が重要なことが改めて強調されました。

TICAD VIと第2回アフリカ興隆国際会議の提言およびアフリカ開発分野での新たな知見から、アフリカ大陸における構造変革と持続可能な人間の進歩を加速するために重要な5つの戦略的な取り組みを取り上げたいと思います。

第1に、天然資源など、アフリカに比較優位がある部門を振興すると共に、人口の大半が従事する農業などの主要部門を育てることです。農業生産性を高めれば、持続性のある食料安全保障、人間開発の促進、土地や水資源への負荷の軽減という、三重の配当が生まれることでしょう。農業変革は、家計所得や雇用、生活水準を改善し、経済の多様化、産業化および人間の進歩を促す触媒としての役割を果たしています。

第2に、制度を強化し、規制上の障壁(汚職を含む)に取り組み、投資家と労働者を十分に確保するため、統合的な戦略を実施し、幅広いパートナーシップを構築することです。これにより、マクロ経済と政治は安定し、地元企業が競争できる環境が整備され、国内外からの投資と長期資金の調達機会が拡大することでしょう。

第3に、より持続可能かつ包摂的な未来を構築するため、社会的保護を含む経済・社会インフラを優先的に整備することです。エネルギーとインフラの不備が解消すれば、経済、社会、政治、環境などの分野で不測の事態への対応力が強化され、社会的保護とサービスへのアクセスが改善されることでしょう。

私たちは、質の高い教育と技術・職業訓練、起業家育成を通じ、適切な技能開発を進めなければなりません。これには、学校に通っていない子どもの教育や、企業の立ち上げ、イノベーションや事業の成長を促進するサービスなどからなる若手起業家への包括的な支援が含まれます。労働市場の需要に即した教育制度は、アフリカの民主化の恩恵を最大限に発揮するために不可欠です。

最後に、私たちは障害者、地方やスラムに暮らす若者、若年女性などの最貧・最弱者層がより社会に参加し、主体的に関与できるようにしなければなりません。例えば、15歳から24歳の女児と女性の労働参加率はわずか51%にすぎません。日本の寛大な支援を受けて出版された「アフリカ人間開発報告書2016」は、女性が運営する企業への投資や、官民が協調して職場における女性の登用への障害を無くすことで、ジェンダー平等と女性の権利強化を更に推し進めるための効果的な枠組みを提供しています。

結論:

UNDPは日本からも多大な支援を得て、アフリカの経済、社会、政治面での飛躍が包摂的で持続可能なものとなるよう努力しています。これには、既存の人材を効果的に活用し、豊富な天然資源を公共の利益のために管理することも含まれます。私たちは、社会から置き去りにされた人々の能力が強化され、政策決定により参加できるよう、国内外のパートナーと連携しています。TICAD VIでは、アフリカの包摂的で持続可能な開発を実現するには、構造変革と産業化が不可欠であることが明確に示されました。

私たちUNDPは、環境破壊を食い止め、不測の出来事への対応力を強化し、ジェンダー間の平等を図り、女性と若者の潜在能力をフルに発揮して、「私たちが望むアフリカ」の実現に向けて努力するとともに、包摂的で持続可能な経済成長とガバナンスの改善に取り組んでいきます。

私たちはまた、アフリカ大陸の経済変革と人間開発を加速させるためにTICAD VIで合意された取り組みについて、日本政府やアフリカ諸国と緊密に連携してまいります。

ご清聴ありがとうございました。会議のご成功をお祈り申し上げます。

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル