ジェンダー平等の推進と女性の地位向上

MDGs達成に向けた進捗

ターゲット3-A:2005年までに、初等・中等教育で男女格差の解消を達成し、 2015年までにすべての教育レベルで男女格差を解消する

初等教育レベルにおけるジェンダーの平等には大きな進展がみられましたが、サハラ以南アフリカ、オセアニア、南アジアは遅れを取っています。また、教育レベルが高くなるほど男女間不平等は大きくなります。就業においても、女性のパートタイム雇用の割合は男性の2倍以上となっています。2014年、世界の議会に占める女性の割合は平均21.8%程度で、5か国ではいまだ女性議員がいません。女性のエンパワーメントは国際社会でも注目を集めていますが、依然として様々な側面からの取り組みが必要です。

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル