HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病のまん延防止

MDGs達成に向けた進捗

ターゲット6-A:2015年までにHIV/エイズのまん延を阻止し、その後、減少させる

世界全体でHIVの新たな感染者数(15 ~ 49歳)は減り続け、2001年から2012年の間に44%減少しました。しかし推定230万人(全年齢を含む)が新たにHIVに感染し、160万人がHIV/エイズに関連して亡くなりました。新たなHIV感染者のうち70%(160万人)はサハラ以南アフリカの人々です。若者に対するHIV/エイズ感染予防法の教育は充分ではないため、性教育などの普及にもより力を入れていかなければなりません。マラリアによる死亡率は2000年から2012年の間に、世界全体で42%低下しました。この間に、推定330万人がマラリアによる死を回避しました。

 

UNDP Around the world

You are at UNDP Tokyo 代表事務所
Go to UNDPグローバル