UNDPについて

UNDPで働く

UNDPは日本人の方を対象にしたジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)を、日本国外務省国際機関人事センターを通じて採用しています。次回は2022年2月に応募を受け付ける予定です。

ここでは、UNDPで働くことを考えていらっしゃる方に向けて、UNDPでの仕事の魅力や体験談をお伝えします。

幅広い経験を積める UNDPの特徴の一つは、そのカバーエリアの広さ。1万7,000人の職員が、中東の紛争国から太平洋の島国まで、世界およそ170の国と地域で日々、その国にあったオーダーメイドの取り組みを行い、国の発展と人々の生活の改善に寄与しています。

また、活動領域が多岐にわたり、持続可能な開発目標(SDGs)のすべてのゴールに関わっていることも特徴です。現在の活動の柱は以下の6つです。

  1. 貧困の根絶
  2. 国家の仕組みの整備
  3. 災害や紛争などへの危機対応力強化
  4. 環境保全
  5. クリーンエネルギーの普及
  6. ジェンダー平等

シュタイナーUNDP総裁は34の国連機関からなる「国連持続可能な開発グループ」の副議長を務め、国連全体の開発活動を率いています。

UNDPで働くことで、地理的にも分野的にも、開発のプロとして視野を広げ、幅の広い経験を積み、将来に向けてご自身のキャリアの可能性を広げることができます。

 

先進的な取り組みの数々

UNDPはシュタイナー総裁のもと、時代の流れに合わせた先進的なプロジェクトの数々を立ち上げ、意欲的に取り組んでいます。

今、経済界から注目を浴びている「SDGインパクト」は、SDGs達成に向けた資金の流れを拡大させるために、SDGs達成につながる投資のガイドラインや世界基準を策定し、それに適合した投資や事業を認証するという取り組みです。また、SDGsに資する投資機会・課題の国別分析や、様々なアクターをつなげ協働を促す場づくりも進めています。

2019年にApoliticalから「グローバル公共サービス・チーム最優秀賞」を受賞した「アクセラレーター・ラボ」は、様々な社会・環境課題の解決策を模索するため、UNDPが世界60か所 (対象国は78か国)に設置した「実験場」です。ラボでは、政府や企業、起業家、研究者、市民などと知恵を出し合い、新しい解決策(例えば、世界中にある海藻の有効活用法など)を考え、実験します。その結果を世界中のラボからなるネットワークで共有し、相互に学び合っています。

こうした先進的な取り組みには、最先端の技術を持っている企業や、それぞれの業界を動かしている各分野のリーダーなどが多数、協力してくださっています。様々な業界でトップを走るパートナーとの協業は刺激に満ちています。

実験的なプロジェクトに、志を同じくするパートナー団体とともに取り組み、世界の時代の流れを作っていけるのは、UNDPの仕事の醍醐味です。

働きやすさ

国連で働くということは、単なる仕事ではなく、使命です。そのため、UNDPは意欲を持った人材が長くバランスよく働き続けられるよう、2019年、新たな人事戦略を策定し、人事労務制度をさらに改善させています。

多くの女性が活躍しており、各国事務所の幹部職はジェンダーバランスを達成しています。また、すべての人に働きやすい職場を目指し、在宅勤務などの制度を活用して柔軟な働き方が可能です。産休・育休制度(男性の育休含む)も充実しており、仕事と家庭を両立しながらキャリアアップを図ることができます。

邦人職員の体験談

UNDPではおよそ80人の日本人職員が世界各国で、より良い世界を目指して日々仕事にまい進しています。うち、9人は上級レベル職員で、17人がJPOないし国連常駐調整官特別補佐官です。

それぞれの仕事やこれまでのキャリアは千差万別です。ここに様々な職員の声を集めましたので、ぜひご自身のキャリアを考える上で参考にしてください。

読み込み中…
読み込み中…
読み込み中…
読み込み中…

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮