ブログ

日本の防災力、世界へ!

第48回UNDP邦人職員リレー・エッセイはUNDPバンコク地域事務所・防災チームで津波避難訓練などに取り組む備瀬千尋さん


アフリカの内陸国ザンビアでの広報活動

国連ユースボランティアとしてUNDPザンビア事務所で広報活動を担う吉田圭佑による現地からのレポート  


14000キロ離れたナミビアと日本のつながり

UNDPナミビアで国連ユースボランティア事業のボランティアとして勤務する山田えみりによる現地レポートです  


1.5 小さな数に込められた大きな意味

COP26は、地球温暖化を抑制するための新たな合意を採択し、閉幕しました。アントニオ・グテーレス国連事務総長はこれを重要なステップとしつつも「まだ不十分」と評しています。  


国際移住者デーに寄せて:エンパワーメント、社会的包摂、社会的結束の推進

UNDPで国連事務次長補 兼 危機局長をつとめる岡井朝子による国際移住者デーに寄せたメッセージ  


二重内陸国ウズベキスタンが直面している水問題 - 生活の維持および改善に向けた現地の人々取組 -

金子浩士 国連開発計画(UNDP)ウズベキスタン事務所・収入向上チーム 国連ボランティアによるエッセイ  


企業から国連へ「アフリカ発」を支える

UNDP邦人職員インタビュー 浜野沙羅 南アフリカ事務所 プログラム分析官  


2030年を視野に、国際的な防災投資の増額を

気候変動対策と防災に関する実質的な国際行動とコミットメントがない限り、今後10年間で貧困と飢餓を撲滅できる可能性は低いと言えるでしょう。  


コロナ禍からの復興に向けて

UNDPニューヨーク本部にてTICAD連携専門官を務める古我知晶に、アフリカでの経験や、TICAD8の重要テーマなどについて話を聞きました。  


コロナ禍からの復興後もウズベキスタンに寄り添う日本

日本はウズベキスタンの友好国兼パートナーとして、独立当初から支援を行い、その発展に寄り添ってきました。  


「降り注ぐ恐怖」のよう。ガザのどこにも安全な場所などなかった

野口千歳UNDPガザ地域事務所長による現地からのレポート  

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮