ブログ

新型コロナウイルスの影響を受けた国々へのUNDPによる支援は医療分野を超えて

この危機が封じ込められず、包括的に迅速に対処されない場合、壊滅的な社会的・経済的・政治的危機につながり、その傷は今後何年も続く可能性があります。


パンデミックによって考えさせられる「もしかしたら」

世界が静止している今、生物多様性を擁護する方法  


パンデミックが変容のきっかけに

いかにして新型コロナウイルスへの対策がSDGsを取り込み、明確な道標とするか  


気候変動対策なくして経済成長はならず

大胆な気候変動対策が新型コロナウイルス(COVID-19)からの復興、景気回復をいかに改善するか。  


新型コロナウイルス:希望と結束のチカラを胸に

トンネルの先に光を探すように、私たち全員が一丸となって困難に立ち向かっていることを互いに示しています。市民が窓にハートを描いたり、医療従事者に拍手で応援したり、SNS上で歌ったりすることで、互いを元気づけている様子が世界中の町や都市で見ることができます。  


ペルーの先住民が新型コロナウイルスと闘うために

いかにして新型コロナウイルス感染症のパンデミックから不平等の悪化を防ぐかは大きな課題です。  


新型コロナウイルスとの戦いにおけるデジタルディフェンスの強化

デジタルテクノロジーが様々な方法で世界的なパンデミックの問題に対して解決策を提供しています。  


ワイルドライフ・ツーリズムと環境保全に対する新型コロナウイルスの脅威

数千もの環境保護プロジェクトとなる観光業は新型コロナウイルスの影響を受け危機に瀕しています。  


コラム:新型コロナウイルスによるロックダウン– 男女の社会的役割を再考する機会に

モルディブでUNDP常駐代表を務める藤井明子が、新型コロナウイルス危機に対応するため、男女の社会的役割分担の見直しを呼びかけます。  


危機に次ぐ危機:アラブ諸国の脆弱性

新型コロナウイルスにより、すでに存在する脆弱性をさらに深刻化し、中・高所得者に対しても脆弱性が広がる可能性があります。  


イエメンを新型コロナウイルスから守るには停戦が必要

世界で最も脆弱な国の一つ、イエメンで新型コロナウイルスに備える。  

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮