大興安嶺の風景は、冷温帯の森、手つかずの川、広大な湿地帯などの広大な原生地域を含んでおり、世界的に見ても重要な生物多様性を支えています。しかし、1950年代以降の大規模で持続不可能な伐採の結果、生物多様性と生態系は著しく劣化しています。最近の政府間報告書によると、地球の地表面の75%が「著しく」変化し、重要な湿地帯の85%が失われているとされます。Photo: UNDP China

 

新型コロナウイルスの発生に先立ち、国連は2020年を生物多様性のための「スーパーイヤー」と宣言しました。各国政府のリーダー、研究者、そしてあらゆる分野の人々が、種の絶滅と自然システムへのダメージの高まりを食い止める方法を見つけるために、多くの国際会議が計画され各地から結集される予定でした。

過去50年間で動物や魚類の個体数は平均して60%も減少しており、もし私たちが早急に行動を起こさなければ、今後30年以内に100万種もの種を失うことになると言われています。

絶滅の危機に瀕しているユキヒョウの個体数は、密猟や人間開発や気候変動による生息地の喪失により、数十年にわたって減少しています。ユキヒョウは、アジアの高地の景観を健全に保つために不可欠な肉食動物の頂点に位置しています。写真:Dennis W Donohue/Shutter Dennis W Donohue/Shutterstock.com
密猟と戦争により、アフリカのキタシロサイの個体数は壊滅的な打撃を受けました。最後に知られているオスのキタシロサイは2018年3月に死亡しました。サイの生息域は、かつてウガンダ、チャド、スーダン、中央アフリカ共和国、コンゴ民主共和国を網羅していました。現在、生きているメスは2頭しか知られておらず、ケニアのオル・ペジェタ保護区で保護されています。写真はこちら。GlobalGuardian/Shutterstock.com

 

自然システムの乱れにより野生動物からヒトへと感染したと考えられる新型コロナウイルスの急速な蔓延は、生物多様性の喪失への対応が急務であることを強調しています。

人獣共通感染症(動物から人への感染)や公衆衛生上の緊急事態の大幅な増加の根本原因は、気候変動の影響、自然地域の破壊、野生動物の違法取引などが複雑に絡み合っていることにあると考えられます。

黒死病から1918年のスペイン風邪、エボラに至るまで、パンデミックは常に根本的かつ深遠な方法で社会を変化させます。

2020年には、新型コロナウイルスは、私たちの生き方や社会の設計が持続可能ではないことをはっきりと私たちに伝えています。これは重要な機会となっているのです。

私たちはどのようにしてここまで

地球の歴史上、5回の大量絶滅がありましたが、その全てが自然に起きたものです。 今、私たちが直面しているのは、大部分がたった一種のホモサピエンスの行動に起因しています。気候変動によって悪化の道を辿り、共有するこの地球という家を汚染し、破壊することで 同胞の生物を一掃しています。 その結果は驚異的です。

最近の政府間報告書によると、地表の75%が「著しく」変化し、重要な湿地帯の85%が失われています。

3,200万ヘクタールもの森林が2010年から2015年の間に伐採されました。 現在、地球の地表の3分の1は農業に利用されており、地表を占める生物の97%は、重量比で人間か農耕動物であり、野生の哺乳類はわずか4%であると推定されています。 ドイツは過去25年間で75%の飛翔昆虫を失いました。

2019年9月、ペルーのアマゾン熱帯雨林の破壊の様子。UNDP/Leonardo Fernandez for Getty Images

 

危機に瀕しているのは?

「私たちは未来に息づく酸素を植えています」− コロンビアの森林学者 カルメン・ロドリゲス

私たちが食べる食べ物、呼吸する空気、飲む水など、文字通りすべてが危機に瀕しています。

30億人もの人々が、その食料と生計を農業、森林、漁業に依存しています。世界の90%を養う100種類の作物のうち70種類をミツバチが受粉しています。

40億人の人々が天然薬を頼りにしており、抗がん剤の70%は天然物から合成されています。

UNDPはあらゆる形態の生物多様性を支持します

国連開発計画(UNDP)の生態系と生物多様性プログラムは、過去20年間で3,000以上の保護区と6億8,000万ヘクタール以上の土地と海洋に対して支援を実施してきました。

Equator Prize(赤道賞)は、世界中の先住民コミュニティを代表して自然環境を保護し、維持するための優れた取り組みを表彰するものです。

私たちのパートナーシップは、アンゴラでは野生生物の保護、エチオピアでは伝統的な大麦の系統の保護、ジャマイカでは絶滅したと思われていた古代のトカゲの保護を行っています。

また、レバノンの貴重な古代スギの木を保護するために革新的な資金調達を行い、ベリーズでは衛星データを活用して、この地域最後の広葉樹林が野生生物の回廊となっていることを確認しています。

かつて絶滅したと思われていたジャマイカのイグアナが、ホープ動物園イグアナ・ヘッド・スタート・イニシアチブの支援を受けて生体数が回復しました。Photo: UNDP Jamaica/Dominic Davis

 

中央アジアでは、世界で最も絶滅の危機に瀕している大型猫のひとつであるユキヒョウの保護に資源を投入しています。

ベラルーシでは、古代の重要な湿地帯が復活しつつあり、「ヨーロッパの肺」としての評価を再び得ることができるでしょう。

伝統的な生活様式と先祖代々の知識を保護することで、先住民や地域社会が違法な採掘、伐採、動物の密猟との闘いの最前線に立ち続けることができるように取り組みます。

セーシェル共和国が海洋保護地域を拡大する野心的な計画を発表した際には、その支援を表明しています。

ベラルーシでは、古代の重要な湿地帯が復活しており、「ヨーロッパの肺」としての名声を再び主張することができる様になるでしょう。Photos: UNDP Belarus

 

かなめの年

「私たちの経済、社会、地域社会は、自然との共存の仕方を再発見しなければなりません。今後数年間でどのようにそれを行うかは、パンデミックや自然災害、危機の規模がますます激しくなるのか、それとも自然との共存を再確立し、コミュニティや社会、経済を実際に安定させることができるのか、それによって異なるパラメータを持つ開発の将来についての考え方になるのか、ということを大きく左右することになるでしょう」
− アヒム・シュタイナーUNDP総裁

 

新型コロナウイルスが流行して以来、汚染レベルや石油需要は減少していますが、ウイルスは必ずしも環境に明るい兆しをもたらすわけではなく、持続可能な未来には何百万人もの経済的悲惨さが含まれるわけではありません。 しかし、世界を「一時停止」させることで、パンデミックは、課題と機会を十分に評価する一生に一度の機会を提供しているのです。

アンゴラのイオナ公園でパトロールを行うレンジャー。UNDPのパートナーシップは、アンゴラの絶滅危惧種をはじめとする野生生物を保護しています。Photo: UNDP Angola

 

パンデミックは、私たちの社会、統治システム、経済の弱点を露呈し、自然界を破壊することがもたらす結果の残酷な実例をリアルタイムで示しています。

自然界との関係を再考し、経済や食料などの生産方法を根本的に変え、世界的な合意がこの課題の巨大さに見合ったものであることを確認する必要があることを、私たちにはっきりと思い出させてくれました。

今年は、気候危機や生物多様性の損失を食い止めるために、これまで以上に重要な年となります。新型コロナウイルスパンデミックからの復興は、将来の世代の権利を尊重しなければなりません。生態系をより良く管理すればするほど、人々の健康が保たれるのです。森や海を回復させ、土地や保護地域の管理方法に投資することが重要です。

通常通りのビジネスの扉は閉ざされましたが、効果的で公平な変化のための窓は大きく開いています。   

レバノンの古き良き貴重なスギの木を守るために革新的な資金調達を行っています。Photo: frantic00/Shutterstock.com
Icon of SDG 13 Icon of SDG 14 Icon of SDG 15

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮