Image: creativeneko/Shutterstock.com

 

新型コロナウイルス(COVID-19)は驚くべき速さで広まり、世界中に衝撃を与えました。

2019年の後半に中国で発生してから、新型コロナウイルスは世界中に広まり、現時点で113,000人が発症し、4,000人以上の死者を出しています(注:2020年3月10日時点)。また各国で渡航制限や封鎖なども急速に増加しています。国際的なイベントやスポーツ大会はキャンセルされ、2億9千万人以上の子どもたちが学校に行くことができなくなり、景気は後退しています。観光を主産業とする一部の国では、観光客の足が遠のいたため、いつもは人でいっぱいの観光名所にほとんど人がいないという、これまでなかった光景が見られます。

新型コロナウイルスの世界的流行による経済的影響は、2兆米ドルに及ぶ可能性があると予測されています。

世界保健機関( World Health Organization、WHO )のテドロス・アダノム事務局長は、パンデミックの脅威は「非常に現実的」であると述べ、各国に「確固とした迅速な行動」を呼びかけています。


(注;本記事は、パンデミック宣言直前の、2020年3月10日に公開されました。3月11日、WHOはパンデミックを宣言しています。)


最も脆弱な人々に対する支援を

新型コロナウイルス制圧のためには、最も高いレベルの政治的コミットメントが不可欠です。

WHOは国際社会に対し、新型コロナウイルス制圧のために、6億7500万米ドルの支援を呼びかけました。

国連は、既に新型コロナウイルス制圧のために1500万米ドルを投じ、感染拡大のモニタリング、症例研究、各国の国立感染症研究所の支援等を行っています。

また新型コロナウイルス対策のための国連危機対応チームがWHOの主導により設置され、UNDPは各分野での支援活動実施において中心的な役割を果たしています。

UNDPは、これまでエボラ出血熱、ジカ熱、2009年のH1N1亜型による新型インフルエンザ、重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)など、世界中で数々の感染症対策緊急支援を行ってきました。この経験を活用し、UNDPは新型コロナウイルス対策緊急支援チームをバンコクに新設し、アジア太平洋地域を中心に緊急支援を行っています。同様緊急支援チームが世界の各地域に作られる予定です。またUNDPのグローバル政策ネットワークは各国政府と連携し、新型コロナウイルスの予防と治療のために必要な医療機器の調達、また医療サプライチェーンを機能させ続けるための支援を今後も継続していきます。

平静を保ち、手を洗おう

ウイルスは、感染拡大だけではなく、恐怖も増幅させます。医療及び公衆衛生の専門家は、繰り返し、新型コロナウイルスには懸念と備えは必要だが、パニックになる必要はないと訴えています。感染者の約80%は軽症か、無症状です。

正確な情報を、煽情的ではない形で提供するために、UNDPは世界で最も規模の大きな広告会社の一つであるAMV、またイギリスの俳優、ライター、コメディアンであるスティーブン・フライと連携し、Tweet Zeroという、ツイッターを活用したキャンペーンを始めました。このキャンペーンは、頻繁な手洗い、具合が悪い時は家で療養する、顔を触らないなどの安全と健康を保つための簡単な行動が重要であることを強調しています。

このキャンペーンの目的はシンプルです。ウイルスが広まる速さにツイートが追いつき、世界中の人々が、自分を、そして自分の愛する人を安全で健康にするために行動しているという自信を持ってもらうことを、目指しています。

経済的影響

新型コロナウイルスの世界的流行に対して適切に対処しなかった場合、甚大な経済的損影響が発生し、現存する格差がさらに広がり、持続可能な開発目標(SDGs)の達成のための取組を遅らせることになります。

国際連合貿易開発会議(The United Nations Conference on Trade and Development、UNCTAD)は、新型コロナウイルスの世界的流行は、各国で景気後退を引き起こし、経済成長率を2.5%低下させる可能性があると指摘しています。世界銀行は、120億ドルの経済緊急支援パッケージにより、健康と経済への影響に対応する国々への当面の支援を行うことを発表しました。

UNDPは新型コロナウイルスの社会経済的側面における影響のアセスメントを行い、新型コロナウイルス対策のための資金調達、パートナーシップ強化、リスク削減のための行動に関する情報の提供を行っていきます。健康は、SDGs達成のために必要不可欠です。またSDGゴール3は、全ての人に健康と福祉を、というコミットメントを掲げています。

UNDPは、保健システムが打撃を受け、人々が脆弱な状態に置かれている、新型コロナウイルス流行の影響を最も受けている国々を支援するために、これからも全力を尽くしていきます。

Icon of SDG 03

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮