エクアドルでは、主に観光業の完全崩壊によりマヒマヒの需要が減少したことで、価格が大幅に下がり、漁業が不採算になってしまった。Photo: Jason Richeux/Shutterstock.com

 

新型コロナウイルスによって引き起こされた世界的な劇的な景気後退は、雇用、経済、政府だけでなく、陸と海の生態系にも広範囲に影響を及ぼしています。短期的には、新型コロナウイルスが海洋に与える影響としては、汚染、乱獲、生息地の損失/転換、侵入種、気候変動の海洋への影響につながる様々な部門からの圧力が減少したことにより、概ねプラスの影響を受けています。しかし短期的にはある程度の利益を享受できるかもしれませんが、数千万人、数億人の人々の生計と食の安全保障に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

漁業、海運、沿岸観光、沿岸開発、石油・ガス採掘の分野で大きな減速が起きていることは、すでに明らかです。エコノミスト誌がワールド・オーシャン・イニシアチブ(World Ocean Initiative)のウェビナーで実施した最近の非公式世論調査では、参加者によると新型コロナウイルスの影響を最も受けた海洋部門として、観光業 70.7%、漁業 10.4%、海洋石油・ガス 7.2%、海運 6.2%、海洋再生可能エネルギー 2.9%、養殖 2.6%と回答しています。

国連開発計画(UNDP)地球環境ファシリティーの「海産物の持続可能な供給チェーン」プロジェクトによる最近の調査では、エビ、タコ、カニ、鯛、ハタ、イカ、マヒマヒの需要が大幅に減少していることが明らかになりました。これは、輸出市場からの需要減少、漁船での衛生対策実施の問題、供給網へのアクセスの困難さ、労働力不足などが主な原因です。米国では、商業用魚の3分の2がレストラン向けですが、その多くは現在閉店しているため、需要が激減しています。エクアドルでは、観光業が完全に停止しているためマヒマヒの需要が減少し、価格が大幅に下落、漁業が不採算となっています。フロリダ州では、中国市場がなくなったことでロブスターの需要が減少しています。

新型コロナウイルスによる漁業への圧力低下は、劣化した資源の回復につながるのでしょうか。漁業については、多くの研究によると、劣化した資源が回復するには 10~15 年の減漁が必要であることが示唆されており、減漁を維持するためのガバナンスと管理改革がなければ、そのような回復は期待できないと考えられます。また、一部の国では、漁業セクターの回復を後押しすため、破壊的な漁業補助金のレベルを上げる危険性もあるのです。

新型コロナウイルスは国際海運にも劇的な影響を与えています。目先の総貨物量は2020年3月期には前年比約5%の微減にとどまっており、港湾は稼働を維持していますが、2020年のコンテナ貿易量は過去最大の10%の減少が予測されています。需要が激減しているため、多くの船舶が過剰供給された石油の海上貯蔵に利用されています。出張規制により乗組員の変更が不可能に近い状態になっているため、過去数ヶ月間、15万人の船員が船上で動けず、心身の健康を維持するのが非常に困難となっています。

船舶輸送量の削減は、このセクターの温室効果ガス排出量を減少させることにつながります。温室効果ガスの削減は、酸性化、温暖化、脱酸素化のペースを遅らせることで海洋に利益をもたらしますが、上記のように、ある程度維持されなければ、全体的な影響はわずかに留まってしまいます。また、原油価格の低迷が続くと、船舶の運航と設計の両方でエネルギー効率を改善することで、二酸化炭素排出量を大幅に削減するという業界のコミットメントを阻害するリスクもあります。

世界的な海外旅行の規制により、観光業は足踏み状態が続いています。短期的には、船やダイビングなどの活動による圧力軽減や、沿岸部にある空のホテルの廃水排出量削減などにより、沿岸の生態系に何らかのメリットがあることは間違いないいでしょう。しかし、観光活動が激減したことによる社会経済的な負の影響は、沿岸部の観光産業の雇用とビジネスについては前例のないものであり、この産業が中長期的にどのように回復していくのかについては、大きな懸念があります。

沿岸建設やその他の開発の減速は、沿岸生態系へのストレスを軽減するという短期的なメリットがあるかもしれませんが、そのような開発が一度再開されれば、前向きな影響が維持される可能性は低い。

石油・ガスセクターは、経済活動の縮小と石油輸出国機構(OPEC)による限定的ではありますが生産制限の成功の両方が要因で、歴史上最大級の補正を受けています。需要は急落し、原油価格は最近ゼロ以下で取引されています。 化石燃料消費量の大幅な削減は、すでに温室効果ガス排出量の測定可能な削減をもたらしており、気候変動の影響を遅らせることで海洋に利益をもたらしています。すでに、2020年には世界の温室効果ガス排出量が5%以上減少すると予測されています。新型コロナウイルス後に化石燃料部門がどのように立ち上がるかは、海洋だけでなく、気候変動アジェンダ全体にとっても非常に重要な意味を持ちます。しかし、同様に重要なのは、各国政府が再生可能エネルギーとエネルギー効率化を支援するためにどのように対応するかです。

UNDPの海洋ガバナンスへの取り組みは、海洋管理とガバナンスを強化することで、開発途上国が海洋経済を統合された持続可能な生態系に基づく利用に向けて移行するのを支援することに引き続き重点を置いています。UNDPとそのパートナーは連携しながら、漁業、養殖、海運、沿岸観光における新型コロナウイルスによる変化を国や地域の政策、規制、制度の枠組みに取り入れるために各国を支援することで、復興支援していきます。

Icon of SDG 08 Icon of SDG 10 Icon of SDG 13 Icon of SDG 14 Icon of SDG 17

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮