もっと詳しく知る


開催報告:AFRI CONVERSE 2020 #2

アフリカと日本から250人以上が参加し、アフリカ大陸自由貿易圏(AfCFTA)を中心に、アフリカにおける貿易と投資について議論をしました。  


アフリカにおけるUNDPの活動

日本政府支援によるアフリカでの平和と持続可能な開発への取り組みを紹介。  


AFRI CONVERSE 2020 #2 「躍進の大陸・アフリカのビジネスチャンス-アフリカ大陸自由貿易圏(AfCFTA)の展望-」

2020年第2回目は、アフリカの全ての国・地域が参加すれば域内総生産(GDP)2兆2000億ドル、12億人の世界最大規模の単一市場が形成されうるアフリカ大陸自由貿易圏(AfCFTA)を取り上げます。  


TICAD8、チュニジアでの開催決定

日本政府は、2022年に予定されている第8回アフリカ開発会議(TICAD8)の開催国がチュニジア共和国に決定したと発表しました。  


アフリカの女性がより良い仕事につくために

「アフリカ産」を推進すべく決意を新たにすることで、この大陸上の数百万人の女性達に機会と希望をもたらすことができます。  


日本政府とUNDP、コートジボワール共和国の大統領・議会選挙実施支援のため、無償資金協力に関する書簡の交換を実施

コートジボワールにおける包摂的かつ公平で信頼できる透明な選挙の実施に向けた選挙支援計画に関する書簡を交換しました。  


開催報告:アフリコンバース2020 #1

アフリカにおける新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑みての現況と今後の展望、日本企業との連携について協議しました。  


新型コロナウイルス:マラウイ国会のオンライン化をUNDPが支援

国連開発計画(UNDP)マラウイ事務所は同国の国会のICT強化支援として第一弾の機材セットを贈呈しました。  


海上犯罪取締官を対象とする新たな能力育成プロジェクトが発足

コフィ・アナン国際平和維持訓練センターは、UNDPとのパートナーシップにより、日本政府からの資金拠出を受け、海上犯罪取締官の技術的能力育成を図る1年間のプロジェクトを開始します。  


UNDPとルワンダ政府による新型コロナウイルス感染対策のためのロボット導入

ルワンダにおけるコロナウイルスの感染拡大策に取り組むため、この危機に対処するには、慣例にとらわれない施策や技術を模索する重要な機会であると捉えています。  

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮