もっと詳しく知る


人間、地球、平和のためのビジネスと人権の未来

「UNDP法の支配年次会合ハイレベル・セグメント:責任あるビジネスと行動の10年」における岡井朝子国連事務次長補兼UNDP危機局長によるステートメント  


日本政府とUNDP、コートジボワール共和国の大統領・議会選挙実施支援のため、無償資金協力に関する書簡の交換を実施

コートジボワールにおける包摂的かつ公平で信頼できる透明な選挙の実施に向けた選挙支援計画に関する書簡を交換しました。  


コロナ禍でも母国への仕送りを可能とする五つの方法

今、世界では多くの世帯が生活に困窮しています。特に海外からの仕送りに生活が支えられている地域では大問題となっています。  


日本政府とUNDP、中央アフリカ共和国の選挙実施支援に向け、無償資金協力に関する書簡の交換を実施

日本政府は、中央アフリカ共和国の大統領選挙及び国民議会議員選挙を支援するため、UNDPを通じて2億4800万円の無償資金の拠出を行うことを決定し、UNDPとの書簡に署名しました。  


ADP VOICES

世界、また様々な国で新規医療技術のアクセスと提供に関するパートナーシップ(ADP)に取り組んでいる日本人職員による役割や経験などを紹介するショートビデオシリーズ  


新型コロナウイルス後の開発ビジョン

野田章子UNDPインド常駐代表インタビュー記事。インド政府、州政府、CSO、コミュニティ、その他の国連機関と緊密に連携して、パンデミックによって影響を受けた人々を支援しいます。  


ワイルドライフ・ツーリズムと環境保全に対する新型コロナウイルスの脅威

数千もの環境保護プロジェクトとなる観光業は新型コロナウイルスの影響を受け危機に瀕しています。  


コラム:新型コロナウイルスによるロックダウン– 男女の社会的役割を再考する機会に

モルディブでUNDP常駐代表を務める藤井明子が、新型コロナウイルス危機に対応するため、男女の社会的役割分担の見直しを呼びかけます。  


日本から32カ国・地域の活動に1億2千万ドル超の支援

2020年3月、UNDPは日本政府の補正予算から約1億2,334万ドル(約128億8千9百万円)の支援を受け、32か国と地域で活動を開始しました。  


新型コロナウイルスの影響を受けた国々へのUNDPによる支援は医療分野を超えて

この危機が封じ込められず、包括的に迅速に対処されない場合、壊滅的な社会的・経済的・政治的危機につながり、その傷は今後何年も続く可能性があります。  

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮