もっと詳しく知る


女性リーダーが活躍する中、公共部門のトップには女性が不在でコロナ禍からの復興の妨げにも

世界の行政のトップリーダーに占める女性の割合は3人に1人にも満たないことがわかりました。  


敢えて挑戦を

野田章子UNDPインド常駐代表による国際女性の日(3月8日)に寄せたメッセージ  


インドでコロナ関連の電話相談受付を開始

UNDPインド事務所はTata Institute of Social Science (TISS)と連携し、i-CALL Helplineを立ち上げました。  


日本政府とのパートナーシップ:ブルキナファソにおける新型コロナウイルスに対する予防、対応、復興への取り組み

UNDPブルキナファソ事務所は日本政府とのパートナーシップにより、政府による新型コロナウイルス関連の予防、対応、復興への取り組みを支援しています。  


新型コロナウイルスは女性にどのような影響を及ぼしているか

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行に端を発する人間開発の危機により、ジェンダー平等を目指すたたかいがリスクにさらされています。  


アフリカの女性がより良い仕事につくために

「アフリカ産」を推進すべく決意を新たにすることで、この大陸上の数百万人の女性達に機会と希望をもたらすことができます。  


コラム:新型コロナウイルスによるロックダウン– 男女の社会的役割を再考する機会に

モルディブでUNDP常駐代表を務める藤井明子が、新型コロナウイルス危機に対応するため、男女の社会的役割分担の見直しを呼びかけます。  


新型コロナウイルス:社会的スティグマや差別により命が奪われる可能性

新型コロナウイルスに打ち勝つためにHIVとの戦いから学ぶ  


男女の9割は女性への偏見あり

分析結果では、教育や保健、政治的および経済的参加に対する法的な障壁の解消などの開発の基本的な分野においてはジェンダー不平等を終わらせる進歩が見られたにもかかわらず、経済、政治システム、および組織などにおいてはなぜ、男性と女性の間に大きな「力の格差」が存在するのかを明らかにしています。  


SDGs達成を見据えて

SDGs達成に向けた「行動の10年」の活動の一環として、UNDPおよびSustainable Partners社は7名のインフルエンサーと協働し、SDGs達成におけるデジタル・ソーシャリメディアSDGsの達成を促進するための動画を作成しました。  

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮