もっと詳しく知る


コロナ禍からの復興後もウズベキスタンに寄り添う日本

日本はウズベキスタンの友好国兼パートナーとして、独立当初から支援を行い、その発展に寄り添ってきました。  


UNDP、日本の支援を活用し、インド政府と覚書を締結〜スパイス産業へのブロックチェーン技術の導入に向けて〜

UNDPは日本政府の支援を受け、インド国商工省香辛料局との間で、スパイス産業へのブロックチェーン技術の導入に関する覚書を締結しました。  


国境地帯における貿易がリプタコ・グルマ地域における平和の原動力に

ブルキナファソ・ワガドゥグ、UNDP Africa Borderlands Centreの地域プロジェクト「平和の定着のための国境貿易」が立ち上げられました。  


日本政府、国連開発計画(UNDP)のナイジェリア北東部およびミドル・ベルト地帯の紛争地域における社会の安定化および安全対策プロジェクトに570万米ドルを供与

このプロジェクトは、ナイジェリア北東部紛争地域の早期復興と平和構築への支援を目的としています。  


コロナ禍で影響を受けた障害者協同組合を支援

UNDPルワンダ事務所は日本政府とのパートナーシップにより、UNDPの支援で以前に設立された障害者協同組合の事業を持続させる取り組みを支援しました。  


日本政府とのパートナーシップ:ブルキナファソにおける新型コロナウイルスに対する予防、対応、復興への取り組み

UNDPブルキナファソ事務所は日本政府とのパートナーシップにより、政府による新型コロナウイルス関連の予防、対応、復興への取り組みを支援しています。  


パートナーシップでインフォーマル部門のEコマースを促進

企業がイノベーションを推進し、複雑な課題を解決する最も生産的な方法の一つは、同僚や部局間の内部的パートナーシップや企業間のより大きなパートナーシップにおいても、エコ・システムの各所から集まったパートナーのスキルや経験を活用することです。  


海と新型コロナウイルス

6月8日は世界海洋デー。新型コロナウイルスパンデミックはどのように海に影響が及ぶのか。  


世界環境デーに寄せて: 新たな開発の道筋を描く

新型コロナウイルスがもたらした危機は、より持続可能で皆が参加できる社会にするために様々な社会のしくみを見直す、またとない機会です。  


パンデミックが変容のきっかけに

いかにして新型コロナウイルスへの対策がSDGsを取り込み、明確な道標とするか  

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮