もっと詳しく知る


新型コロナウイルス:グローバル危機対応に不可欠な法律情報と法的支援を提供する法研究ラボを新設

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)法研究ラボは、全世界190か国以上から新型コロナウイルス関連の法文書を収集、共有することで、各国がコロナ禍対策を実施するための充実した法的枠組支援の取り組みです。  


人間、地球、平和のためのビジネスと人権の未来

「UNDP法の支配年次会合ハイレベル・セグメント:責任あるビジネスと行動の10年」における岡井朝子国連事務次長補兼UNDP危機局長によるステートメント  


新型コロナウイルスは女性にどのような影響を及ぼしているか

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行に端を発する人間開発の危機により、ジェンダー平等を目指すたたかいがリスクにさらされています。  


復興のその先 ~2030に向けて~

新型コロナウイルス対応の次なる段階は、政策決定者が2030年に目を向け、ガバナンス、社会保障、グリーン経済、そしてデジタル世界での生活における不確実性を管理できるよう、支援することです。  


UNDP報告:臨時ベーシックインカムの導入で世界の最貧層を保護すれば、コロナ感染者の急増を抑えられる可能性

世界の最貧層を対象に臨時ベーシックインカムを直ちに導入すれば、ほぼ30億人が自宅に留まれようになり、現状の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染者の急増を抑えられる可能性があることが、国連開発計画(UNDP)が発表した報告書によりわかりました。  


アフリカの女性がより良い仕事につくために

「アフリカ産」を推進すべく決意を新たにすることで、この大陸上の数百万人の女性達に機会と希望をもたらすことができます。  


コロナ禍で危ぶまれる多次元貧困対策の前進

新型コロナウイルスの世界的流行は、あらゆる形態の貧困への取り組みに所得以外の視点も必要であることを浮き彫りに  


新型コロナウイルスとSDGs

「人類がたどる道のり」はコロナ禍で変化するか  


新型コロナウイルス:マラウイ国会のオンライン化をUNDPが支援

国連開発計画(UNDP)マラウイ事務所は同国の国会のICT強化支援として第一弾の機材セットを贈呈しました。  


コロナ禍でも母国への仕送りを可能とする五つの方法

今、世界では多くの世帯が生活に困窮しています。特に海外からの仕送りに生活が支えられている地域では大問題となっています。  

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮