新型コロナウイルス(COVID-19)に対するUNDPの総合対策

2020/04/20

UNDPの対応:3つの目的、3つの緊急課題

国連開発計画(UNDP)は国連システムの中心として、世界保健機関(WHO)と密接な連携を図りつつ、各国からの支援要請の増大を受け、もっとも弱い立場の人々を中心に、新型コロナウイルス感染症に対する事前準備と流行期の対応、その後の復興の支援に取り組んでいます。

170の国と地域で活動するUNDPは、新型コロナウイルス対策に全力を尽くします。私たちは、この未曽有の課題への対応に持てるものすべてを動員しています。また、重要な活動をすべてデジタル化してバーチャル空間へと移行させ、人の移動や物理的なやり取りが制約される中でも、組織が効果的な活動を続けられるようにしています。

私たちは、方針や手順を合理化して機動性を向上させ、民間その他からの資金を受け入れ、活用できるよう柔軟性を高めるとともに、今回の危機を通じて各国に支援を提供する前線のスタッフに対する手厚い支援と配慮を確保するための措置を講じています。

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮