人間開発指数・指標:2018年新統計

2018/09/14

ニューヨーク、2018年9月14日-国連開発計画(UNDP)が発表した人間開発指数(HDI)2018によると、189の国と地域のうち、健康、教育、所得面の達成度を測るHDIのスコアが最も高いのはノルウェー、スイス、オーストラリア、アイルランド、ドイツの5か国で、逆に最も低いのはニジェール、中央アフリカ共和国、南スーダン、チャド、ブルンジの5か国となっています。

全世界的な傾向として、人間開発は引き続き改善を見せており、多くの国が人間開発カテゴリーで上昇を遂げました。HDIの算出対象となった189か国のうち、人間開発の水準が非常に高いグループに属する国は現在59か国に達しているのに対し、HIDが低いグループに属している国は38か国にすぎません。わずか8年前の2010年の時点で、この数はそれぞれ46か国と49か国でした。

2012年から2017年にかけ、HDIの順位で最も大きな改善を見せたのは、13ランク上昇したアイルランドで、他にトルコ、ドミニカ共和国、ボツワナも8ランク上昇と、好調な動きを示しています。逆に、HDIが最も大きな悪化を見せた3か国はいずれも紛争国で、最も大きくHDIの順位を下げたシリア・アラブ共和国は27ランク下降。これにリビア(26ランク下降)とイエメン(20ランク下降)が続いています。

HDIの動向は健康、教育、所得面での変化に左右されます。平均寿命が全世界で7年近く延びていることからも分かるとおり、健康は大幅に改善しており、中でもサハラ以南アフリカと南アジアの平均寿命は1990年以来それぞれ約11年と、最大の延びを示しています。また、現在の就学年齢児童は、1990年よりも3.4年、長く就学することが期待できます。

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮