人間開発報告書2004

「この多様な世界で文化の自由を」

2004年7月15日発表

『人間開発報告書2004』は、宗教、民族、言語の異なる文化的集団に対する差別を防ぐには、各国が多様な文化を推進する政策をとる必要があると論じている。文化的な自由を抑圧ではなく、拡大することこそが、われわれの住む社会の、そして異なる社会と社会の間の、安定や民主主義、そして人間開発を促進させることのできる唯一の持続可能な方法である。

<本書の特徴>

  • ノーベル賞受賞者アマルティア・センによる人間開発と文化的自由の重要な結びつきに関する分析を特別掲載。
  • 文化的少数者の集団が直面する「生活様式の排除」とは何か、また、政治的、経済的、社会的排除(参加の排除)とは何かを考察。
  • 最新の多文化アプローチを、権力分担、宗教国家と政教分離国家、言語政策、法多元法主義、積極的優遇措置(アファーマティブ・アクション)にふれながら紹介。
  • 文化支配の強制的な動きの出現と民主主義への挑戦を分析。
  • 文化の多様性やグローバリゼーションに対する政策が必要な伝統知識、文化財取引、移民政策を含む重要分野について検証。
  • シリン・エバディ、ジョン・ヒューム、ハミッド・カルザイ、ネルソン・マンデラ、オーレ・ヘンリック・マッガの各氏の特別寄稿を掲載。

毎年発行の『人間開発報告書』は創刊から15年を迎え、今年もまた、人々が満足のいく創造的な生活を営めるようになることを目指し、最も緊急に取り組むべき、古くて新しい課題への議論の場を提供している。

<プレスリリース>

  • 文化の自由は人間開発に不可欠である
  • 連邦制の新しいかたち:安定した多文化国家構築のカギは、多様性の確保にある
  • 移民の新しい波は、強制的な同化ではなく、多文化主義をもって迎えるべきである
  • アフリカではエイズによる壊滅的打撃が明らかに

    人間開発報告書(書籍)の販売は以下にお問い合せください。

    [ 日本語版 ]
  • 人間開発報告書1994-2006
    国連開発計画 駐日代表事務所(TEL:03-5467-4751)
  • 人間開発報告書2007/2008以降
    CCCメディアハウス(前・阪急コミュニケーションズ)(TEL:03-5436-5722)

  • [ 英語版 ]
    United Nations Publications

UNDP 各国事務所(英語)

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮